竹内敬人の一覧

「竹内敬人」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2020/03/27更新

ユーザーレビュー

  • ロウソクの科学
     「ろうそくの科学」はファラデーが行ったクリスマス講演について記録したものである。この本はノーベル化学賞を受賞した吉野彰さんがおすすめした本であり、理系的な知識、または考え方を身に着けるべく本書を購入した。
     ろうそくの燃焼をきっかけとして、水や酸素などの反応物について様々な実験を通して、それらの性...続きを読む
  • ロウソクの科学
    一つの事象(ロウソクの燃焼)から身近にある水、二酸化炭素へと話を進めていく。その講義の中では、一般人に目線を合わせ、言葉を選んでいたり、家でもできるような実験を教えてくれる。
    本書で、科学の知識を学ぶだけではなく、ファラデーの真理を追求しようする科学の精神を学ぶことも大切である。
  • ロウソクの科学
    【内容】
    一本のロウソクに火をともせば、深遠な科学の世界への扉が開く。製本工から夢を叶え、偉大な科学者になったファラデー(1791‐1867)が、もっとも愛した聴衆―少年少女に語りかけ、実験をくりひろげる名講義。世界中で愛読されてきた本書は今なお科学の精神を生き生きと伝える。現代の読者のために詳細な...続きを読む
  • ロウソクの科学
     今年のノーベル賞受賞者の吉野彰氏が,小学校の先生に勧められて読んで教えられた本として紹介されていたので,すぐに店頭から消えたという。この現象,毎度のことだけど…。
     わたしの本棚にあったのは,岩波文庫版。矢島祐利訳である。
     内容は,子ども向けクリスマスレクチャーの講演の様子を収めたもの。講演の場...続きを読む
  • ロウソクの科学
    19世紀イギリスの科学者ファラデーによる、ロイヤルアカデミーのクリスマス講演の記録。一般人向けにやさしい口調で、ロウソクが燃えるときの化学反応をめぐる話のなかに、科学的追求のおもしろさや重要性を語る。ファラデーさんの科学によせる熱い情熱が感じられてジーンとくる本。

新規会員限定 半額クーポンプレゼント!