芦川淳一の一覧

「芦川淳一」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2019/06/07更新

ユーザーレビュー

  • 旗本風来坊 助太刀始末
    芦川淳一 著「助太刀始末」、旗本風来坊シリーズ№3、2016.4発行、由紀の縁談、助太刀始末、算盤ざむらいの3話です。暴れん坊の草間大作22歳、正義を重んじる快男児も、許婚の由紀の前では「たじたじ」です(^-^)
  • うつけ与力事件帖 皐月の空
    さんぼく与力と呼ばれている平之助と京太郎とで事件を解決してしていくが、公式には手柄にならない。
    平之助は、実は凄腕で明晰な頭脳を持っているので、公式に手柄にならないことを利用して、それぞれの事件をいい具合に解決していく。
    兄妹同心をよりパワーアップさせたような息子と娘もいて、続編が楽しみです。
  • 包丁浪人
    料理が得意な浪人が剣と料理の知識を活かして難問を解決。
    フグ、湯奴、蕎麦、鴨鍋など美味しそうな料理が登場。
    江戸時代の暮らしぶりもよく分かり、面白い本でした。
    どうもシリーズとして続いていくようです。
    続編が出れば読みたいと思います。
  • のっこり万平十手捌き
    おもしろかった!

    万平はキャラ的にナイスだし、弦巻源之進はサイコーだし、信濃屋のお絹さんはステキだし、上司である桜内兵庫之介もいい人だし、この薄さ(202p)なので正直そんなに期待してなかったけど、かなり気に入った。

    お絹さんとの関係がこれでは、続編が出るのを期待していいのかな。
    てか出してほし...続きを読む
  • 旗本風来坊
    芦川淳一さん「旗本風来坊」、2015.2発行です。直参旗本一千石の総領息子、草間大作22歳、剣も喧嘩も滅法強く、父の平蔵から内勘当され、料理屋の2階で用心棒の身に。様々な事件を解決していく物語。春の嵐、役者殺し、魔性の女、一難去って・・・の4話。