「和辻哲郎」おすすめ作品一覧

「和辻哲郎」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

無料・値引き作品コーナー

無料
蝸牛の角
0円(税込)
無料
露伴先生の思い出
無料
面とペルソナ
0円(税込)
無料
文楽座の人形芝居
無料
麦積山塑像の示唆するもの
無料
能面の様式
0円(税込)

作品一覧

2016/11/07更新

無料あり
アフリカの文化
  • ブラウザ試し読み

無料あり
院展日本画所感
  • ブラウザ試し読み

埋もれた日本
  • ブラウザ試し読み

無料あり
蝸牛の角
  • ブラウザ試し読み

無料あり
茸狩り
  • ブラウザ試し読み

国民道徳論
  • ブラウザ試し読み

無料あり
古寺巡礼
  • ブラウザ試し読み

古寺巡礼
  • ブラウザ試し読み

無料あり
城
  • ブラウザ試し読み

無料あり
人物埴輪の眼
  • ブラウザ試し読み

無料あり
世界の変革と芸術
  • ブラウザ試し読み

無料あり
月夜の東大寺南大門
  • ブラウザ試し読み

無料あり
寺田寅彦
  • ブラウザ試し読み

無料あり
土下座
  • ブラウザ試し読み

無料あり
能面の様式
  • ブラウザ試し読み

無料あり
初めて西田幾多郎の名を聞いたころ
  • ブラウザ試し読み

無料あり
麦積山塑像の示唆するもの
  • ブラウザ試し読み

風土-人間学的考察
  • ブラウザ試し読み

無料あり
文楽座の人形芝居
  • ブラウザ試し読み

無料あり
松風の音
  • ブラウザ試し読み

無料あり
面とペルソナ
  • ブラウザ試し読み

無料あり
露伴先生の思い出
  • ブラウザ試し読み

ユーザーレビュー

  • 風土-人間学的考察
    [ところの視点]人間は特殊な「風土的過去」を背負っていると主張し、モンスーン地帯、砂漠、牧場の三形態を基に、その影響を考察した一冊。優れた直感に基づいた諸文化との比較から、今日においても読み継がれる日本文化論の代表的作品です(初版の刊行は1931年)。著者は、『古寺巡礼』でも知られる和辻哲郎。


    ...続きを読む
  • 風土-人間学的考察
    社会や文化を学ぶなら一度は通る本!
    モンスーンがある、雨が多いなど風土の特色が社会文化の基本になっているという論について書かれています。
    全てが正しい論理ではないと言われていますが、それでも考え方としては面白いですし、全く見当違いではないはずです。

    うさぎや自治医大店 田崎
  • 古寺巡礼
    小生の手元にあるのは、なんと!61刷!大正時代に著者が訪れた奈良付近の寺院巡礼記。筆致は今もなおみずみずしく読者に迫る。奈良に行きたくなる本。
  • 風土-人間学的考察
    情報を読む力 学問する心などリファレンス多数。「寒さ」「冷たさ」などの言葉に人が反応する感覚は、単に気温が低いというのもあれば、風が強い、乾燥している、雪が冷たいなどそれぞれが在り得るわけで。

    その他にも「神」や「芸術」など、こうした言葉と感覚のもつギャップを、主にシルクロードを遡る形で拾い集めて...続きを読む
  • 風土-人間学的考察
    地誌学の目指すべき姿。既存タグに民俗学とあるが、せめて民族学なら理解できる。個人的には、四章が興味深い。庭園芸術の比較、日本庭園における釣り合いの連関および組織的統合と、五章で比喩された個々の文字と単語の関係、つまり意味を持つのは文字ではなく単語であるという表現は示唆的だ。外に現れた姿で内なるものを...続きを読む