「柳蒼二郎」おすすめ作品一覧

「柳蒼二郎」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

無料・値引き作品コーナー

作品一覧

2014/07/25更新

風の忍び六代目小太郎 風の掟
  • ブラウザ試し読み

異形の者
  • ブラウザ試し読み

風の忍び六代目小太郎 影の剣
  • ブラウザ試し読み

値引きあり
風の忍び六代目小太郎 恋の闇
  • ブラウザ試し読み

慶応水滸伝
  • ブラウザ試し読み

天保水滸伝
  • ブラウザ試し読み

明暦水滸伝
  • ブラウザ試し読み

六代目小太郎 風の忍び
  • ブラウザ試し読み

ユーザーレビュー

  • 慶応水滸伝
    侠客の在りざまを描いた作品で、これでもかという感で登場する有名人たちのほか、市井の名もなき爽やかな侠達を描き、わかっちゃいるけどやめられない好きな人にはたまらない話となっている。かくゆう自分ものせられて、一気読みしてしまった。また、解説にもあるが、時代に翻弄された凡庸な最後の将軍の人となりについて、...続きを読む
  • 天保水滸伝
    ”笹川の繁蔵”と”飯岡の助五郎”の縄張りを争う確執に関八州取締方の幕府が絡んでの出入りを描いた天保水滸伝。
    本書は繁蔵の用心棒となった平手造酒、助五郎の子分となった座頭の一、関八州取締方となった桑山圭介を軸に、この三人が若かりし頃、江戸の玄武館道場で千葉周作から「竜虎、そして研鑽を積めばそれを飲み込...続きを読む
  • 天保水滸伝
    面白かった。天保水滸伝は名前だけ知ってたけど、中身を知らなかった。これで、話がわかった。子母沢寛のふところ手帖も読みたくなった。
  • 天保水滸伝
    タイトルを変えた話であり、結局は再読。座頭市が自作の書下ろしの水滸伝シリーズに登場するということで連作的なタイトルとなっているが、本来は全く別の話である。
  • 風の忍び六代目小太郎 風の掟
    柳生宗矩の策により、風の6代と十兵衛が正面を切って戦うことになる。それにしても、なぜ、柳生宗矩は、どんな作家でも非情で策略家として描かれるのは何故だろう。
    ストーリーとしては序曲的なもので、裏柳生のキャラが立っていないが、それはこれからだろう。
    それにしても、シリーズものは、どんどん忍法を派手にして...続きを読む