入江悠の一覧

「入江悠」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2015/08/27更新

ユーザーレビュー

  • SR サイタマノラッパー
    まったく新しい青春小説。
    イトーヨーカドー、ガスト、ドリンクバー。舞台となっている埼玉の深谷市に行ったことはないけれど、その雰囲気は日本の地方都市ならどこも似たりよったりで、ありありと想像できる。
    そんな中でラッパーの夢を追いかけるイタさ、やるせなさが行間にあふれたオモシロ悲しい傑作。泣ける。
  • SR サイタマノラッパー
    評価の高いインディーズ映画の監督自身によるノベライズ。

    映画本編は素晴らしい出来だったがSHO-GUNGのメンバー構成をはじめとする舞台背景の説明不足が目立ち、人によっては消化不良な映画かと思うが、本作を読めばその不満も解消される。
    著者は本作が初の小説とは思えない程文体がなめらかで非常に読みやす...続きを読む
  • SR サイタマノラッパー
    版元の営業さんから進められて読んでみた。田舎の閉塞感の中でグダグダしていた「イック」。ヒップホップに出会い、仲間が集まって、色んな事が回りだす。前半は「ただのオモシロ小説」かと思った、後半に入ると色々な事が起きて、含みのある感じに…。ラスト20ページは、うってかわってなんだかメッセージ性が極めて強く...続きを読む
  • SR サイタマノラッパー
    中村とうようさんが読んだら迷うことなく-10点であろう、グズグズ感満載の青春小説。あ、今日街でモヒカン頭をグリーンに染めた男子が赤信号をひとり堂々と横断歩道を歩いてるのを見て、何だか胸がキュンとしました。どんなスタイルであれ、実家が農業であれおじさんはあなたたちを応援します。
  • SR サイタマノラッパー
    同名映画のノベライズ。
    画面と小説では受ける印象がずいぶん違う。映画よりも主人公の焦燥感を強く感じた。
    逆にラップは文字で読むよりもやっぱり音にしてこそ、の部分がある。
    映画抜きに読むとどれほど楽しめるのかがちょっと疑問だったので、星は三つ。