「鷺沼やすな」おすすめ作品一覧

「鷺沼やすな」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2014/03/07更新

ユーザーレビュー

  • アンチロマンティストの憂鬱  2
    両親を亡くし、生活の為にオカマバーで働く稔は、謎めいた男・城山と出会う。突然くどかれて戸惑いながらも、時に情熱的に、時に家族のように優しく包み込む城山に、ゆっくりと心を開く稔。だからこそ、過去について頑なに口を閉ざす城山に、もどかしさをつのらせていくが…。甘いラブラブに励む二人と、彼らを取り巻く優し...続きを読む
  • 夢の卵
    ボーイズラブ小説と思って読むと裏切られる。
    一般小説として読んだほうがいい名作。BLが書きたいがために他の設定が成り立っているのではなく、この作者の書きたいことの礎の上にたまたまBL的要素が必要だった、という感じ。きっとこの鷺沼さんという人はものすごく教養もあるんだろうし、人物観察眼も鋭いものをお持...続きを読む
  • 夢の卵
    文庫版。イラスト今市子。エロさは期待しないでください。すぐ傍らにいることが当たり前だった人が、突然13年分の記憶をなくし11歳の子供に戻ってしまう・・・。一抹の寂しさとじんわりと湧き上がってくるいとおしさが味わえますよ。これは本当に本当にイイです!!
  • 夢の卵
    切ない。幼児退行してしまった恋人。11歳の精神状態になった受に戸惑う攻。それまでクールで控えめな年下の恋人の過去など知らずにいた太夏志が、詩草の生きてきた背景を知ろうとしながら、子供になってしまった詩草に惹かれていく。
    プレゼントの傘などの直接的なエピソードはもちろん、最後の会話での詩草の表情などの...続きを読む
  • アンチロマンティストの憂鬱 1
    親の借金と弟妹の世話のために女装バーで働く主人公。本人はゲイでも女装家でもない全くのノーマル。店で出会った金回りのいいゲーム会社社長と家族ぐるみで仲良くなるが、過去については秘密が多い。そんななか、過去を知る男が現れて終わってしまったー!2巻まだでてないのかな?続きものだと思わなくて読んでしまったー...続きを読む