フィリップ・リンベリーの一覧

「フィリップ・リンベリー」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2015/02/13更新

ユーザーレビュー

  • ファーマゲドン 安い肉の本当のコスト
    脳死状態にした鶏を透明のパックに入れて吊り下げ、チューブに
    よって栄養を送り込み成長させる。この鶏には羽もない。

    「どうせ食肉として殺されるのだから、生きるのには最低限の能力
    だけあればいいだろう」との発想から生まれたようだ。

    効率よく食肉を生産する方法として提案された未来型養鶏工場(?...続きを読む
  • ファーマゲドン 安い肉の本当のコスト
     先日、P・リンベリー 氏らによる「ファーマゲドン 安い肉の本当のコスト」を読み終えました。
     レイチェル・カーソンの『沈黙の春』は、以前から読んでおこうと思っていた本なのですが、そちらより先に本書を手にとってみました。
     今、世界的に拡大している「農業・畜産・漁業の工業化」がもたらす地球規模の影響...続きを読む
  • ファーマゲドン 安い肉の本当のコスト
    工場のような家畜飼育

    ファーム 農業 がもたらすハルマゲドン

    食料植民地主義

    バタリーケージ、クレート、ソウ・ストール

    ブロイラー用のケージ、A4用紙1枚
    子牛用の狭い檻、やわらかく白い子牛肉、
    妊娠した雌豚用の狭い檻
  • ファーマゲドン 安い肉の本当のコスト
    農業や食べ物に関心のある方は一読しておいた方が良いでしょう。世界中で食用に飼育されている家畜の凄まじい現状のレポート。もはや飼育ではなく工業的に生産されていると言った方が、残酷だが正しい表現。鶏に与えられたスペースはA4一枚程度、豚や牛に至っては一頭分以下(つまりほぼ重なり合っている)。その理由は場...続きを読む
  • ファーマゲドン 安い肉の本当のコスト
    今日のフードシステムの本質に迫る。工場のような家畜飼育、大規模単一栽培。環境負荷が高く健康を損ない、貧困層を拡大する。世界の穀物の1/3が家畜の餌となり、先進国では食べ物の半分がムダに捨てられている状況こそ変えるべき。

    『スーパーサイズ・ミー』『ブルーゴールド』『フード・インク』を更に500ページ...続きを読む

特集