「堀秀彦」おすすめ作品一覧

「堀秀彦」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2017/10/25更新

ユーザーレビュー

  • 幸福論
    次何読もうかと迷ったときは下手に書評に拠らず、古典を選ぶことにしてる。難解でツライことも多々あるが、結局は時間かけて読んだ甲斐アリと思えるから。
    この本がまさにそう。第一部「不幸の原因」はちょっとツラかった。それが第二部「幸福をもたらすもの」では一転、ラッセルの明るい熱量と思考を存分に味わえた。
    ...続きを読む
  • 幸福論
    一番自分に響いたのは、

    「外的な条件が決定的に不幸なものでない場合、そしてその人の情熱と興味が彼自身の内部に向かってではなく、外側に向かって動いているかぎり、人間は幸福を達成することが必ずできるのである。」

    という一節。このことは何度も繰り返し本文中で説かれていて、自己没入が不幸の源泉の一つとし...続きを読む
  • 幸福論
    1930年にバートランド・ラッセルが発表した、「幸福論」。原題「The Conquest of Happiness」(幸福の獲得)
    第1部では不幸の原因の分析と、」それを取り除く解決策、第2部では、幸福になるすべをまとめていると、巻末に掲載された「復刊にあたっての解説」に書いてありました。

    内容は...続きを読む
  • 幸福論
    「ラッセル 幸福論」
    アランの幸福論がエッセイで気楽に読めたのに対し、ラッセルの幸福論は論理的で気を抜いて読むことができない。まず不幸の原因は何かという分析から始めている。どういう不幸を対象にしているかなど対象範囲を明確にしている。その中で個人では対処のしようがない絶対的な不幸は除外し、幸福の条件は...続きを読む