喜安幸夫の一覧

「喜安幸夫」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:喜安幸夫(キヤスユキオ)
  • 性別:男性
  • 職業:作家

『台湾の歴史』で第7回日本文芸家クラブ大賞ノンフィクション賞受賞。『はだしの小源太』『身代わり忠義』等で第30回池内祥三文学奨励賞受賞。『非情の城』などの作品を手がける。

作品一覧

2019/01/25更新

ユーザーレビュー

  • 流離の姫 用心棒 若杉兵庫
  • 日中アジア大戦
    本書は、日中海戦決戦と一対を成す東シナ海有事をシュミレートしたリベラルアーツである。背景として押さえるべき日本側の事実は、陸上自衛隊の03式中SAM改がアメリカ、ホワイトサンズの試射場で10発中10発命中の好成績収め、2016年の配備により都市防空機能が向上する。ただし、多弾頭に対しての実効について...続きを読む
  • 花散る城~戦国女城主秘話~
    直前に読んだ、霧の城と同じおつやの方を書いた本。
    こちらは心の動きではなく、出来事に重きを置いて書かれている印象。
    城攻めの描き方はこちらの方が具体的で面白い。が、人の心情を描くものの方が好みなので、星は少なめで。
  • 日中海上決戦 尖閣・沖縄侵攻を阻止せよ
    アジアでの有事をテーマに描かれる小説は、意外に多い。例えば、夏見正隆氏は、東シナ海有事に、取り組んだ日本人作家として佳作を残している。本作では、中国を完全に敵性国家として描いており、正邪が明確なアメリカンノベルのような読み物となっている。これを日本で出版したことが驚きである。さて、物語は東シナ海で領...続きを読む
  • 隠密廻り裏御用 闇の仇討ち
    第二弾
    ある藩の公金横領事件に絡み、犠牲となった仇討ちも裏で始末も付ける。
    この程度が長さとも適当で読みやすい

特集