「ベリッシモ・フランチェスコ」おすすめ作品一覧

「ベリッシモ・フランチェスコ」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2015/11/06更新

ユーザーレビュー

  • ビジネスパーソンの誘う技術
    誘うことについて知りたくて読書。

    誘う、声がけ、行動する。

    積極的にオラオラ系で話しかけるのではなく、実は明確に目的と冷静さが必要ということ。

    自己客観視し、相手が求めているイメージやキャラクターを知りそれを演じる。

    スーツや洋服、靴、アクセサセリーの話はイタリア人ならではの視点と情報だと思...続きを読む
  • ビジネスパーソンの誘う技術
    料理研究家、タレントのベリッシモさんが執筆した本。
    正直この方を知らなかったのですが、本としてはナカナカ面白かったです。

    イタリア人ということで、チャラさがキャラクターのような
    活動をされているようですが、本書を読む限りでは、自身を売り込むために
    うまく日本人が思い描いているイタリア人を演...続きを読む
  • ビジネスパーソンの誘う技術
    2018.2.11
    ビジネスパーソン向けだけど、プライベートにも応用できそう。私はこの人を知らなかったけど、本として面白かったと思う。平易な言葉でわかりやすく、それでいて自己啓発本!みたいなちょっと暑苦しい感じもなく。
    誘うことで自分の人生が豊かになる、可能性が広がる、断られることを恐れず今すぐ誘っ...続きを読む
  • ビジネスパーソンの誘う技術
    ・すぐ誘う。恐れず誘う。紳士的に誘う。

    ・誘うタイミングは常に今がベスト。時間が経つほど声をかけにくくなる。

    ・誘われた人に判断する権利がある。誘う側は悩むだけ無駄。

    ・断れることを前提にしておけば、心理的負担は減る

    ・人に好かれているから、誘うのではなく。誘うから人に好かれる。誘うというの...続きを読む
  • ビジネスパーソンの誘う技術
    「誘うから好かれる」というのは至言で、内容も王道に仕上がっている。ゆえに冒頭の「誘いのワクワク感」から比べると、オーソドックスで凡庸な内容になっている。

    作中から感じる筆者のギラギラしたハングリー精神やエピソードが面白いだけに、こじんまりした仕上がりになっているのが惜しい。「誘う」技術に誘う(いざ...続きを読む