「PaulaUnderwood」おすすめ作品一覧

「PaulaUnderwood」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2014/04/11更新

ユーザーレビュー

  • 一万年の旅路
    これは過去最大級におもしろい本だった。
    科学的ではない、トンデモ本だという指摘をする人もいるだろうが野暮というもの。
    神話とは客観性を別にして人の営みにおいて大事なことことが物語として残されたものだとおもう。
    アフリカでうまれて紅海にすみ、ユーラシアを横断して日本近辺にすみ、ベーリング海峡をわたりア...続きを読む
  • 一万年の旅路
    あまりにも詳細な米国のネイティブ(インディアン)の1万年前からの口承を文章化した記録。読後も本当か、創作かと半信半疑。凄い記録を私たちは発見したのかも知れない。しかし、創作だとすればこれまた凄いファンタジー!物語は時代も場所も分らない。恐らく1万年前一族<海辺の道を渡った民」の物語は始まる。ベーリン...続きを読む
  • 一万年の旅路
    7万年から1万年前は、住む場所として、世界が寒いときは、山の懐深くの洞窟が暖かくてありがたがられ、世界が暖かくなるとひらけた浜が好まれた。一族は物見を方々に飛ばし、まわりの世界の有様を知り、他の部族、種族がどう過ごしているのかを理解していた。当時の人類は二種類に分けられ、前者は一ヶ所に定住し、イノシ...続きを読む
  • 一万年の旅路
    この本には色々な知恵が書かれているが、一番大切なのは、その知恵を分かち合うこと。奇しくも最近は"シェア"という言葉が見直されている。分かち合いは人類進化のエンジン。
  • 一万年の旅路
    驚き!驚き!の連続、目をみはる思いで読みすすめました!
    アメリカ大陸に住むインディアンの人々は、アジア大陸からアメリカ大陸へとわたったモンゴロイドの子孫だという説があるそうです。
    津波で多くの住む場所や命を失った人々が、より安全な土地を求めて、続けた一万年の旅路。
    この方たちは、日本人とも、きっと、...続きを読む