「ジューダ・ポラック」おすすめ作品一覧

「ジューダ・ポラック」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2014/03/28更新

ユーザーレビュー

  • ひらめきはカオスから生まれる
    コンサルタントの方の本。余白、異分子、計画されたセレンディピティ。カオスのルール 数字の誘惑に負けない、制御されたカオス、余白の活用、異分子を迎える、セレンディピティを呼び込む。アインシュタイン、シリコンバレーなど事例多数。
  • ひらめきはカオスから生まれる
    数学的な「カオス」ではなくて、通常や日常ではない混沌や混乱状態のことみたい。ただ小さなカオスとも言っているのでカオスの淵かなとも思ったり。
    歯車もぎっちり隙間がないと動かないように人間も余白がないとよくないらしい。
  • ひらめきはカオスから生まれる
    ひらめきを生み出しイノベーションを起こすため「カオス」を活用することの意義を説く。ポイントは、余白、異分子、計画されたセレンディピティ。米軍へのアドバイスの実績やさまざまな企業やイノベーターの事例を取り入れ分かりやすく説明する。企業や組織に根付いた常識や慣習に、意図的にカオスを発生させる仕掛けを施す...続きを読む
  • ひらめきはカオスから生まれる
    「ヒトデはなぜクモより強い?」の作者の続編。今度はイノベーションはどのようにして起きるのか、それを組織メカニズムとして読み解いた本。曰く、組織にひらめきを起こさせるためには「余白(穏やかなカオス)」、「異分子」、「計画されたセレンディピティ」の3つを導入することが極めて重要ということらしい。これだけ...続きを読む
  • ひらめきはカオスから生まれる
    内容はタイトルの通りの本で、「穏やかなカオス」を人生や仕事に持ち込むことはプラスになるというのが本書の内容です。書かれているのは、ひらめきを生むような創造力を発揮するには、①思考の空白を作る②組織に異分子を混ぜる③計画的に偶然を起こすの三点ですが、そのことを証明する事例が結構面白い内容になっています...続きを読む