高嶋博視の一覧

「高嶋博視」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2015/10/23更新

ユーザーレビュー

  • 指揮官の条件
    指揮官とは何か。周りを引っ張るリーダシップで必要とされるものは何か、本書を読めばわかる。

    特に軍事関係や治安関係の人が語るリーダーシップ論は、長い歴史や目的(組織が崩壊することは即、死に繋がる)から照らし合わせても非常に信頼できる。

    今後も何回も目を通すことになると思う。おすすめ。
  • 指揮官の条件
    元海上自衛隊の幹部で、インド洋での自衛隊の活動に参加し、東日本大震災では原発の処理にあたった著者が、指揮官のありかたを語った1冊。印象に残ったのは、ピンチになったとき、乗組員はみな、艦長の顔を見る、という言葉。リーダーは最後まで責任を持たねばならない。統率が取れていて、しかもコミュニケーションが円滑...続きを読む
  • 指揮官の条件
    海自の高級幹部が指揮官として必要なことは何かって話。将官でも若い頃思ってたことは他の士官と変わらないもんだなと。昇任だとか人事に関することも書いてる。
  • 武人の本懐 FROM THE SEA 東日本大震災における海上自衛隊の活動記録
    海災部隊指揮官を務めた当時の横須賀地方総監が、東日本大震災時の記録を残す。
    項目建てしてないからって著者本人が言ってるけどこの日付けで分けてる体裁が一番読みやすいと思う。
    震災当時海自はどう動いたのか、上は何を決断したのか、幕僚たちの働きぶりはってのが垣間見えて良かった。今後は著者も言ってるみたいに...続きを読む
  • 指揮官の条件
    テロ対策特別措置法により海上自衛隊がインド洋に派遣された際の護衛艦隊指揮官であった著者が述べる指揮官の在り方、組織の在り方についての本。ご自身の経験を踏まえ具体的な事例を挙げておられますが、それらを集約するのは「あとがき」にある次の一節かと思います。以下抜粋「指揮官の心得であり、自らを戒めることば ...続きを読む

新規会員限定 半額クーポンプレゼント!