「小林道夫」おすすめ作品一覧

「小林道夫」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2014/08/22更新

ユーザーレビュー

  • デカルト入門
     「我思う故に我あり」を一番に思い出す。数学と自然哲学を総合し現代科学の礎を築いたデカルト。このコトバは物事を観るときに一度純粋なコギト(自我)に立ち返ることの重要性を表しているのではないだろうか。まアインシュタインもまた「常識とは成人になるまで集めた偏見のコレクションである」と言ったと伝えられる。...続きを読む
  • デカルト入門
    一般にデカルトは「我思う、ゆえに我あり」という言葉とともに、近代的自我の確立者として知られているが、本書は、自然科学をはじめとする近代的学問の方法とその体系の基礎を構築した思想家としてのデカルトを紹介している。

    デカルトは『精神指導の規則』において、アリストテレスの存在論に基づく従来の学問体系から...続きを読む
  • デカルト入門
    少なくとも、第二章「デカルトの認識論と形而上学」は、入門のレベルを超えている。というか、入門書で理解できるような内容ではないのだろう。

    この本に限った話ではないけど、入門書は、最初に読むのではなくて、対象の哲学者の代表的な著書を読んだ後にまとめ的に読んだ方がいいかも知れないと感じた。
  • デカルト入門
    デカルトについての全体的な入門書のうち最も簡単な一冊である。

    デカルトについて殆ど知らず、これから知ろうとする人の、日本語での最良の入門書であろう。

    この書のよいところは、しばしば軽視されがちなデカルトの情念論についても、きちんと一章を割いて解説している点である。

    近代の礎の1人であるデカルト...続きを読む
  • デカルト入門
    学生のときに習った「コギトエルゴスム、我考える故に我あり」が懐疑主義の中から考える主体だけは確実なのだということがやっと納得がいった。哲学だけでなく数学、物理等の自然科学にまで足跡を残しておられるが、これら哲学、自然科学の足跡の土台としてはキリスト教、神の観念が当然のように含まれていたことに改めて驚...続きを読む