「大友啓史」おすすめ作品一覧

【大友啓史】の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2015/03/19更新

ユーザーレビュー

  • クリエイティブ喧嘩術
    「るろうに剣心」「龍馬伝」の監督大友啓史氏の仕事観がつまった一冊。
    監督として大活躍されている裏側、スピリッツ、根っこがさらけ出されている。監督の仕事とは、俳優もカメラマンも照明もひしめきあう現場の息遣いが聞こえてきます。
    ドラマや映画、ドキュメンタリーの見方が深まるかもしれません。
  • クリエイティブ喧嘩術
    独立心を養い、自分に疑問を持ち、戦うことを怖れるな。

    ようやく読んだ。
    この方をよくわからずに読みましたが、一番印象に残ったのが「深く潜れ」の演出してた人か!というところ。

    本人は失敗したドラマの中でも得た話、という形での持ち出し方ではありましたが、
    当時このドラマにどハマリしていた人が居たなあ...続きを読む
  • クリエイティブ喧嘩術
    どうクリエイティブで喧嘩するのか?

    →いい企画をつくるためには、いまある凝り固まった枠を壊して、その外にでることが一番の近道であり、企画とは自分の頭で立てるもの
    簡単に他者の言うことを聞いてはいけない
    他者と違うところから思考をスタートすることで、何が違うのか、どこが違うのかという自分だけのオリジ...続きを読む
  • クリエイティブ喧嘩術
    BSで再放送中の「龍馬伝」。そのメインディレクターは、NHKを辞め、映画監督一本で歩むことにした。製作現場の裏側も、ちらっと読むことができます。
  • クリエイティブ喧嘩術
    ユニバーサルストーリー(普遍的な物語のつくり方)

    「聖書」人間は生まれながらにして、神と契約して生まれてくる。しかし、業が深い人間たちは神との契約に背き、七つの大罪

    傲慢、嫉妬、憤怒、怠惰、強欲、暴食、色欲

    を犯してしまう。「普遍的物語」とは、人間が克己し、その七つの大罪を乗り越え、神との契約...続きを読む