「近正宏光」おすすめ作品一覧

【近正宏光】の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2014/02/21更新

ユーザーレビュー

  • コメの嘘と真実 新規就農者が見た、とんでもない世界!
    農業をやってるわけではないのですが、この本で専業農家、兼業農家、農協の役割などが少しだけわかってきました。著者のエピソードから新規就農というのはとても大変で本気度が問われることが伺えます。
    慣行栽培米、特別栽培米、有機栽培米、アイガモ農法米などの意味もこの本を読むまで知らなかったことがたくさんでした...続きを読む
  • コメの嘘と真実 新規就農者が見た、とんでもない世界!
    チェック項目7箇所。農業機械の著しい発達は、コメを150日程度で作れる”モノ”に変え、さらに農協が「品質にバラつきのないコメ」を求める余り、突出して「できのいいコメ」も「できの悪いコメ」と同様にコメ流通から排除されました、こういった画一化により、コメ作りの技術向上と販売面での多様化は阻害され、勤め先...続きを読む
  • コメの嘘と真実 新規就農者が見た、とんでもない世界!
    農業をやったこともなかった著者の近正宏光(こんしょうひろみつ)さんが、社長命令を受けて、農業生産法人「越後ファーム」を立ち上げるまでに考え、思った課題、問題点、矛盾、そして巷で言われている嘘を指摘する。

    近正さんは、日本の農業の問題点は「農地法」にあるという。その中でも、農業以外の仕事を主たる収入...続きを読む
  • コメの嘘と真実 新規就農者が見た、とんでもない世界!
    旧態依然とした体質が,いかに日本のコメ作りをダメにしているかを知るとため息が出る。
    日本のコメ作りが将来も生き残っていくには,真摯に改善を積み重ねていく農家のみがコメ作りに携わる環境を整えていかなくてはならない。片手間に作っても売れる状況が続くようであれば,未来はないだろう。補助に頼ってコメ作りを続...続きを読む
  • コメの嘘と真実 新規就農者が見た、とんでもない世界!
    [2013.16]サラリーマンが社長の命令で米作りを始め、実際に米作りをして来た経験から見た日本の米作りについての本。
    TPPへの参加、農家とJAとの関係、米作りの未来といったことに関して、筆者の考えがまとめられている。
    日本のほとんどの農家が兼業農家であり、良質な米と手間をかけずに作られた米が混在...続きを読む