「懸田克躬」おすすめ作品一覧

「懸田克躬」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2014/02/07更新

ユーザーレビュー

  • 精神分析学入門I
    非常に平易で、まさに「入門」という名にふさわしい。
    このⅠで、錯誤行為および夢については把握できます。

    あらゆる原因を無意識に還元するのは眉に唾をつけながら読むべきな気がするが、しかしその発想は面白く、まだあまり馴染みのない者としては新鮮。

    当たり前でしょ、という内容と、突拍子もない飛躍した発想...続きを読む
  • 精神分析学入門I
    精神分析の創始者であるフロイトが、全28回に渡って行った講義内容のうち、前半の15回までをまとめた本(上巻)。

    フロイト本人もはしがきで書いているが、本当に、精神分析に入る前の“さわり”の内容といった印象を受けた。上巻で扱われているのは、しくじり行為に代表されるような「無意識」「(アンナ・フロイト...続きを読む
  • 精神分析学入門II
    前巻に比べるとやや内容がわかりにくくなっているが、とは言ってもあくまでも入門なので、さほど込み入っていないから問題なく読めるかと思います。
    錯誤行為から夢、夢からノイローゼというふうに、つながりを持たせつつ題材を替えて論が展開されているので、始めから続けて読むことで段々と理解を深めることが出来るでし...続きを読む
  • 精神分析学入門II
    下巻は「第三部 ノイローゼ総論」。上巻と比べるとわかりにくかった。第27,28講で語られる感情転移の話が面白そうだった。これを展開している本ってないかな。
  • 精神分析学入門I
    精神学者フロイトの考えをまとめたもの
    まぁ・・・雑学です。えぇ、使いませんが。自分自身を見つめるのに役に立つかも・・・?

特集