「土岐邦夫」おすすめ作品一覧

「土岐邦夫」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2014/02/07更新

ユーザーレビュー

  • 人性論
    魅惑的な天才。認識論のストーカー。分析的ヘンタイ野郎。

    ヒュームの丁寧な、丹念すぎる分析に読者はおのずと惹きこまれていってしまう。

    認識論は言わずもがな、第三部の道徳論も傑作だと思う。
    規範倫理学の立場からではなく、メタ倫理学的な立場から、つまり「道徳とは本来どうあるべきか」ではなく「道徳とは現...続きを読む
  • 人性論
    「それは、われわれが徳と悪徳とを区別して、ある行為について、非難されるべきである、あるいは賞賛に値すると宣告するのは、観念によってなのか、それとも印象によってなのか、という問題である。」

    印象=本能、直感
    観念=学習

    と捉えるとわかりやすいと思う。私にとってこの本はとても難しくて、読みきるのが大...続きを読む
  • プロレゴーメナ 人倫の形而上学の基礎づけ
    とりあえず「人倫の形而上学の基礎づけ」を。カント難しいかなーと思ったけど、短いしすいすい読めた。短いだけじゃなくて、内容もちゃんと理解できる頭に入ってくる。なんだ、カント恐るるに足りず、だね。
    と思ったら、いちど読んだやつだった。そりゃすいすい読めるよ。。。

    「プロレゴーメナ」
    『純粋理性批判』が...続きを読む
  • 人性論
    懐疑論とはどのようなものか。固有名詞へのイメージなどの偏見なしに入り込める。ただ、断片的に読むと少し危ない。
  • 人性論
    「人性論」の抄訳と「原始契約について」

    人間は"印象"と"観念"しか知りえないという話が一つ。唯識ってこんな感じなんでしょうか。

    道徳には、"人の本性によるもの"と"社会体制を守るためのもの"があるという話が一つ。それぞれ仁と義になるんですかね。