「時任奏」おすすめ作品一覧

「時任奏」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2017/07/31更新

ユーザーレビュー

  • 学研まんがNEW世界の歴史 6 ルネサンスと大航海時代
    子供向けの漫画と侮れませんな。ダヴィンチとミケランジェロとラファエロはこんなに近い存在だったんだとは知らなかった。互いに影響しあったのでしょう。1人の天才がまた別の天才を呼び寄せて、作り上げていくのでしょうね。

    あと、コロンブスを善人として描ききってないところが、よいですね。僕らはコロンブスは素晴...続きを読む
  • 学研まんがNEW世界の歴史 7 フランス革命と産業革命
    表紙のマリー=アントワネットがかわいすぎる。
    かなり女子ウケする表紙です。
    エリザベス女王の時代~絶対王政~市民革命(名誉革命やフランス革命)~ナポレオンの時代という流れで構成されており、ラストの章にはワットのお話による産業革命が描かれています。

    個人的にはワットの話が一番面白かった♪新しいものを...続きを読む
  • 学研まんがNEW世界の歴史 9 列強の世界植民地化とアジアの民族運動
    ヴィクトリア女王の生涯と大英帝国の歴史を軸にアヘン戦争、太平天国の乱、インド大反乱、オスマン帝国、ドイツ、アフリカの植民地分割について描かれています。
    学研の「世界の歴史」シリーズの中では一番よくまとまっている本かと思います。
    ただ・・・ヴィクトリア女王がこのマンガに描かれていたようにかわいらしい人...続きを読む
  • 学研まんがNEW世界の歴史 2 ギリシア・ローマと地中海世界
    だいぶ欄外の注釈に頼らないと理解できないけど、分かりやすいなぁ。
    アレクサンドロス3世の師がアリストテレスとか知らなかったー。そして、その腹心のプトレマイオスの子孫がクレオパトラにつながるとか知らんかったー
  • 真鉄のアガルタ: 1
     割と重めの設定であるけれど絵柄と登場人物の多くが達観しているおかげか重苦しい雰囲気はなくスッと読めた。世界観についてはまだまだ分からないところが多いが、適当なところで解説が入っているおかげでついていけた。”食事”についてはもう少し掘り下げても良かったような気がするが、なぜその”食事”が必要なのかの...続きを読む