このエントリーをはてなブックマークに追加

『宇宙兄弟』小山宙哉先生インタビュー

「漫画家が命を込めた一コマ」にフォーカスした独占インタビュー企画「わが生涯に一片のコマあり」!第6回は『宇宙兄弟』の小山宙哉先生だ!男女ともに幅広く支持されるヒットの秘密に田中圭一が切り込む。今回は元モーニング編集部で『宇宙兄弟』を担当し、現在は「コルク」代表である佐渡島庸平さんにも同席いただき、熱いトークが展開されたぞ!

今回のゲスト小山宙哉先生

今回のゲスト 小山宙哉先生

京都出身。第14回MANGA OPENに持ち込んだ『じじじい』で、わたせせいぞう賞を受賞。続く第15回MANGA OPENでは『劇団JET’S』で大賞を受賞した。
『モーニング』2006年3・4合併号からスキージャンプを描いた『ハルジャン』を集中連載し、単行本(全1巻)が発売中。さらに、その後モーニングにて70歳の俊足泥棒が主人公の『ジジジイ』をシリーズ連載。単行本(第1巻)が発売中。『宇宙兄弟』は、自身初の週刊連載である。

佐渡島庸平さん

株式会社コルク 代表取締役社長。2002年に講談社に入社し、週刊モーニング編集部に所属。『バガボンド』(井上雄彦)、『ドラゴン桜』(三田紀房)、『働きマン』(安野モヨコ)、『宇宙兄弟』(小山宙哉)、『モダンタイムス』(伊坂幸太郎)、『16歳の教科書』などの編集を担当する。2012年に講談社を退社し、作家のエージェント会社、コルクを設立。

今回の「一コマ」作品 『宇宙兄弟』

今回の「一コマ」作品 『宇宙兄弟』

『モーニング』(講談社)にて、2008年から連載中。会社をクビになった兄・六太が、宇宙飛行士になった弟・日々人との幼少時の約束を果たすため、再び宇宙を目指す物語。2011年に第56回小学館漫画賞一般向け部門と第35回講談社漫画賞一般部門を受賞した。2012年4月~2014年3月にはTVアニメが放送され、2012年5月には実写映画が、2014年8月にはアニメ映画が公開された。

インタビュアー:田中圭一(たなかけいいち) 1962年5月4日生まれ。大阪府出身。血液型A型。
手塚治虫タッチのパロディー漫画『神罰』がヒット。著名作家の絵柄をまねたシモネタギャグを得意とする。また、デビュー当時からサラリーマンを兼業する「二足のわらじマンガ家」としても有名。現在は株式会社BookLiveに勤務。

インタビューインデックス

『宇宙兄弟』モノクロ版&オールカラー版配信中!

モノクロ版

オールカラー版

小山宙哉の作品をすべて見る

『宇宙兄弟』オールカラー版

『宇宙兄弟』特集はこちら!オールカラー版の魅力紹介や小山先生のコメントを掲載中★購入者にはオリジナル特典のプレゼントも!

BookLive! 特別インタビュー