検索結果

  • 海の鼓動をきいた夜 キング家の花嫁 IV
    -
    「なぜ僕をそんなに嫌うんだ?」そう尋ねるジェシー・キングを、ベラは思い切りにらみつけた。ジェシーは三カ月前にモーガン・ビーチの町に越してきた実業家だ。ジェシーがやってきて、モーガン・ビーチは一変した。うらぶれたメインストリートの店は買収されて近代的に改装され、町は活気づき、住民はみな喜んでいる――ベラをのぞいて。ベラは“利益が第一”というジェシーの考え方が気に入らなかった。でもジェシーにつらく当たるいちばんの理由は、別にある。彼は本当に私のことを覚えていないのだろうか……。三年前の砂浜での一夜を思い返し、ベラは一人胸を痛めた。■昨年刊行してご好評をいただいたモーリーン・チャイルドの三部作〈キング家の花嫁〉の続編を三カ月連続でお届けします。プレイボーイと一夜を過ごし、翌日に捨てられたベラ。その彼が三年後、町に越してきて……。来月はジェシーの兄ジャスティスの登場です。
  • 億万長者のすてきな秘密 キング家の花嫁 IX
    4.0
    名門キング家のレイフ・キングは賭に負けたため、身分を隠し、偽名で一族が経営する会社で仕事をすることになった。地味な作業服姿の“レイフ・コール”は、とても大富豪とは思えない。そんな彼がひと目で恋におちたケイティは、可憐でセクシーで完璧。――ただひとつ、ある不可解な点を除いては。どういうわけか彼女は、金持ちとキング家を毛嫌いしているのだ。だから愛を交わしたあとも、レイフは事実を打ち明けられずにいた。■男らしく誠実な“レイフ・コール”に、ケイティは夢中だった。まさかそれが本当は彼の偽名で憎むべきキング家の人間だとは、知るよしもなく……。■モーリーン・チャイルドの人気ミニシリーズ〈キング家の花嫁〉をお贈りします。キング家を憎む女性に恋したレイフの苦悩――終盤に登場する、波瀾含みの恋の鍵を握る思いがけない人物とは?!
  • 期限つきの夫 キング家の花嫁
    -
    メリンダは理想の花婿探しに頭を悩ませていた。結婚しない限り財産は相続できないものの、言い寄ってくるのはお金目当ての男性ばかり。いったいどうすればいいの?突然、目もくらむほどの美女にプロポーズされ、ショーンは唖然とした。メリンダと名乗るその女性は、彼女が財産を相続するための、便宜的な結婚を持ちかけてきたのだ。取引相手としては、セクシーすぎるじゃないか!ショーンはしかし、続くメリンダの言葉に落胆を隠せなかった。「ただし、結婚してもベッドはともにしないわ」■ベッドでの関係抜きで形だけの結婚をしたヒロイン。けれど、あまりにも彼はゴージャスで……。M・チャイルドの人気ミニシリーズ〈キング家の花嫁〉の関連作をお楽しみください。『大富豪の甘い誘惑』で結ばれた、ルーカスとローズも登場します。
  • 最後の夜と知りながら キング家の花嫁 VI
    -
    アイルランドで羊牧場を営むモーラのもとに、ハリウッドの映画会社社長、ジェファーソン・キングが訪ねてきた。彼は映画のロケ地を探しているらしく、どうしても羊牧場を使わせてほしいとモーラに頼みこむ。それから数カ月。破格の額を提示されてもモーラは首を横に振り続けた。もはや契約内容に不満はないが、いつしかジェファーソンに恋をしてしまったモーラは、交渉が終わり、彼が帰国してしまうのをおそれたのだ。とはいえこれ以上引き延ばすわけにもいかず、モーラはついに承諾すると、契約成立を祝おうと彼を家に招いた――ある秘めた決意を胸に。■三カ月連続でお届けしてきた〈キング家の花嫁〉も今月が最終話。美しいアイルランドを舞台にロマンスが繰り広げられます。異国から来た男性に恋をしたモーラは、二度と会うことはないと覚悟しつつ夜をともにします。しかし後日、思わぬ事実が発覚して……。
  • 大富豪の甘い誘惑 キング家の花嫁 X
    -
    ルーカス・キングは西海岸で最大の建設会社の経営者。かつて自分を裏切った親友の妹、ローズ・クランシーの姿を偶然見かけ、怒りを再燃させたルーカスは一家への報復を思い立つ。言葉巧みにローズを誘惑してベッドをともにしたあと、冷酷に捨て去り、その事実を兄に突きつけてやるのだ。■これまでローズは家族の言いなりの人生を送ってきたが、自立を決心し、生徒の自宅に出向いて料理を教える仕事を始めたばかり。ある日、久しぶりに再会したルーカス・キングから、思いがけず料理を教えてほしいという依頼を受け、ローズの胸は躍った。初恋の男性が、情け容赦ない罠をしかけているとは夢にも思わずに。■名門一族の男たちを描く、モーリーン・チャイルドの人気ミニシリーズ〈キング家の花嫁〉最新作をお届けします。莫大な富と権力を誇るヒーローが唯一、手に入れることができなかったものとは?
  • 散りゆく愛に奇跡を キング家の花嫁 V
    4.5
    長らく別居していた夫、ジャスティスの腕に抱かれながら、マギーはかつてのような幸せに浸っていた。そもそも家を飛び出したのは、絶対に子供は欲しくないという彼の考えを受け入れられなかったから。離婚届を渡し、結婚生活に終止符を打つつもりで戻ってきたけれど、久しぶりにベッドをともにした今、互いの愛を確信したマギーは、ついに彼も考え直してくれるかもしれないと期待した。だが、やはりジャスティスはマギーの訴えに耳を貸そうともせず、もはや諦めるよりほかないと、マギーは離婚届を置いて再び家を出る。ある奇跡が起きたことに気がついたのは、その数カ月後だった。■三カ月連続で刊行中の人気ミニシリーズ〈キング家の花嫁〉。本作は先月幸せをつかんだジェシーの兄、ジャスティスの物語です。
  • 冷たい瞳、熱い唇 キング家の花嫁 I
    -
    ジーナはキング家の長男アダムに、長年恋心を抱いている。だが、彼はジーナなど眼中にないらしく、永遠に片思いのままだろうとあきらめかけていた。そんな折、ジーナの父がとんでもないことをしでかした。以前から父の土地を欲しがっていたアダムに、娘と結婚するならば売ってもいいと持ちかけたのだ。ジーナはその勝手すぎる行動に憤慨し、アダムがすぐさま断ってくれたことに胸をなで下ろすが、ふと考えた。もしかしたら……これはチャンスなのかもしれないわ。後日、ジーナはアダムのもとへ向かった。ある決意を胸に。★人気作家モーリーン・チャイルドによる、名家の三兄弟の恋模様を描いたミニシリーズ〈キング家の花嫁〉がスタートします。一話目は長男のアダムが登場。もう恋などしないと決めていた彼に、運命は思わぬ試練を用意していて……。来月は次男の恋をお届けします!★
  • 独りぼっちのエンジェル キング家の花嫁 VII
    -
    デイジーはキャンプ場での料理人の求人に応募するため、ジェリコ・キングが運営する山荘を訪ねた。さすが裕福なキング家の人間だけあり、山荘は城と見紛うほど豪華だ。元軍人のジェリコは、デイジーの亡き弟が生前尊敬していた同僚。一年前に戦地で弟が死んだとき、ジェリコはデイジーに手紙をよこし、“僕にできることならなんでもする”と約束してくれたのだ。だがジェリコは、デイジーの華奢で女っぽい姿を目にするなり、山での生活には向いていないと決めつけて追い返そうとする。ジェリコをなんとかして説得しようと、デイジーは心に誓った。どうしても彼のそばにいたい、ひそかな理由があったから。■名家キング家の男たちを描く、モーリーン・チャイルドの人気ミニシリーズ〈キング家の花嫁〉の最新作をお届けします。
  • 魔法の夜をあなたと キング家の花嫁
    -
    カドリア国の王女アレクシスは、窮屈な王宮をこっそり抜け出し、ひとり憧れの国アメリカを訪れた。運悪くトラブルに見舞われたところを、ハンサムな黒髪の男性、ギャレットに救われる。危険な香りが漂う彼に、アレクシスはたちまち夢中になる。これが運命の出会いなら、ただの女性として愛されたい――王女としてではなく。願いはかない、ふたりは夢のような時を過ごした。だが、魔法がとけた翌朝、ギャレットの正体を知ったアレクシスは愕然とする。■人気ミニシリーズ〈キング家の花嫁〉関連作をお届けします。本作に登場するキング家の御曹司が恋した相手はプリンセス! でも、彼女を愛してはいけない悲しい理由があって……。
  • まやかしのクイーン キング家の花嫁 II
    -
    一年間だけぼくの妻になってくれ――。幼なじみのトラヴィスにそう頼まれ、ジュリーは唖然とした。聞けば、商談相手が娘の結婚相手として彼に目をつけているらしく、交渉が成立するまでの間、身を守るために“妻”が必要だという。多額の報酬を提示されたものの、ジュリーはすぐさま断った。いくら赤ん坊の頃から知っている仲でも、愛のない結婚などできない。しかもトラヴィスは裕福で有名なキング家の人間。片やジュリーはキング家に仕えていた料理人の娘だ。住む世界が違う。だが、かつて夢中になったこともある魅惑的な瞳で懇願されるうち、ジュリーの心は揺らぎだした。そうよ、一年くらいなら……。そして、彼女はついに口にした。「わかったわ。あなたと結婚するわ」
  • 魅惑のハウスキーパー キング家の花嫁 VIII
    4.0
    有名企業の最高経営責任者(CEO)であるタナー・キングは小さな町に引っ越してきた。誰にも邪魔されない静かな環境で、仕事に専念するためだ。ところが、購入した邸宅と隣り合う農場には絶えず人が出入りしていて、我慢できないほど騒々しい。そのうえ、ひどく魅力的なハウスキーパーまで派遣されてきた。首尾よくハウスキーパーとしてタナー・キングの豪邸に入り込むと、アイビー・ホロウェイはため息をついた。自分が隣の農場の者だという事実を彼に知られることなく、重大な使命を果たさなければならないなんて……。■名門一族の男たちを描く、モーリーン・チャイルドの人気ミニシリーズ〈キング家の花嫁〉の最新作をお届けします。リッチなヒーローが登場する、ゴージャスで軽快な物語をお楽しみください。
  • ラベンダーの残り香 キング家の花嫁 III
    -
    ジャクソンはこの一週間、ケーシーという名の女性を捜していた。あるバーで出会い、すばらしい一夜をともにしたのだが、翌朝、彼女はラベンダーの香りだけを残して姿を消してしまったのだ。もう会うことはないのだろうか……そう諦めかけたとき、驚いたことにケーシーのほうから、話があると連絡が入る。期待とかすかな不安を抱いて待ち合わせの場所に赴くと、ケーシーの隣には赤ん坊がちょこんと座っていた。「わたしとあなたの娘よ」ケーシーの言葉にジャクソンは唖然とする。どういうことだ? 確かにこの子は僕にそっくりだが、ケーシーに出会ったのは一週間前。子供ができるはずがない!混乱するジャクソンを前に、ケーシーは信じがたい説明を始めた。

最近チェックした本