検索結果

  • 学校では教えない世界史
    -
    歴史の分野では、昨日まで学校で教えられていたことが、じつは嘘だったということがしばしば起こる。“歴史の事実”は常に新資料により変更されるのである。本書は常識とされた“歴史事実”を覆す新説や異説を紹介している。はたして何が“事実”なのか?是非、本書で描かれた“もうひとつの歴史”から世界史の奥深さを堪能してもらいたい。

    試し読み

    フォロー
  • 学校では教えない日本史
    -
    聖徳太子は実在しなかった!?明智光秀の反旗には黒幕がいた!?など誰もが知っている登場人物から見直す、役に立たないかもしれないがおもしろい新説、異説のオンパレード。しかしそれらには何某かの真実も含まれるだろうとの立場から学校では教えない日本史を再編成する。

    試し読み

    フォロー
  • 学校では教えない歴史の「その後」
    -
    歴史の授業で、坂本龍馬は近江屋で暗殺されたなどとだけを教えられる。しかし、歴史はそれで終わるわけではない。龍馬には突然に未亡人となってしまったお龍という伴侶がいた。彼女に課せられた数奇な運命は、まぎれもなく龍馬暗殺の「その後」の歴史の一部である。教科書に載っている歴史は断片にすぎない。じつは、教えられた歴史の「その後」こそ、人間味のあふれたエピソードに彩られているのだ。本書では、歴史人物の後半生や歴史事件後の顛末を追跡した。そこには、驚くような数奇な人生が続いていたのである。

    試し読み

    フォロー

最近チェックした本