【感想・ネタバレ】ベルリンで追われる男のレビュー

ユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2019年10月12日

極近年に発表された作品で、「最近の街の様子」を背景とした、題名にも在るようにベルリンが舞台のスリリングな物語だ。
ねぐらにしていたビルの一室から見えているアパートの部屋で、女が殴り殺されたかもしれないという様子を視てしまったガーナ出身で「不法滞在」の男、コージョ。犯行を犯したと見受けられる人物も偶々...続きを読む視たが、同時にコージョも近隣住民に姿を視られた。結果、「殺人の被疑者と見受けられる」という状況に陥り、「不法滞在」という現状の中で窮してしまうのだ。
コージョが友人達の協力を得て出くわした“真犯人”の正体を探ろうとする「探偵」のような活動をする部分と、色々な方面から各々の事由で「追われる」ということになって「逃走」ということになっている部分、そしてガーナからやって来て現在の境遇になってしまっている、何処となく哀感も漂う「人生譚」の要素や、ベルリンの街やドイツ国内での“少数派”ということになっている人達の様子を描くルポルタージュ的要素も交じる、「色々な意味で面白い」という作品になっている。
「追われる男」となってしまったコージョはどうする?どうなる?なかなかに面白い!!

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年10月30日

 ベルリンを舞台にしたランニング・アクション・ミステリー。全編よく走る主人公コージョは、ガーナ出身の不法滞在者。イリーガルな世界の住人が目撃してしまった殺人。

 まるでヒッチコックの裏窓のようなシチュエイション。アパートの窓に見てしまった殺人。殴り殺される女。見る側は空き家に棲みついた不法滞在者。...続きを読む入国許可証を持たぬ有色人種ゆえに、常に司法の眼から逃れ、ベルリンの地下で生息する若者。と言ったって三十に手が届く。家族を捨て、家族に捨てられる漂流物のような人生。ガーナに帰ることは考えられない。

 とにかく警察がわけもなく移民たちを追いまわす。移民たちは、ベルリンの影を走り回る。何らかの罪を背負いつつ、習性のように逃げ回る若き移民たち。逃げ切って、互いの絆を固めることでしか、逃れようのない生活の中で、活き活きと結ばれる友情、愛情、温もりの数々。

 アフリカ文化に深く造詣を持つ作者は、近年の難民受け入れ政策により三、四十万人にも及ぶと言われる中東や北アフリカ難民、そして彼らの受けている人種差別の現実に焦点を置いた小説・映画・記者としての活動に従事しているらしい。本書はドイツ本国を舞台にした現状に基づくノワールと言うべき作品である。

 ミステリと言うには少し弱い骨格だが、のっけから警官の包囲網をかいくぐるアクションに始まる本書は、逃げ切った主人公に『裏窓』のように殺人を目撃するという重圧を与える。殺人者はエスタブリッシュメントの側のサディストであるらしい。追われながら事件の真相に近づくことで、心に正義を抱えるイリーガルでマイノリティな存在は、小説設定としては珍しい。

 移民社会に対する強烈な圧力を逃走するシーンに込めながら、あくまで追いつめられ続ける主人公を描き、その軸に犯罪を暴くという正義の火種を仕込んだ、走る爆薬のような作品であり、従来の小説構想を突き破る。

 まるで1970年代のアメリカン・ニューシネマを見るかのようだ。理不尽で、無力で、呆気なく。現代の『イージーライダー』『バニシングポイント』は、ヒロイズムすら感じさせぬ、圧倒的な力に組み伏せられた弱者たちの叫びを聴く物語でもある。

このレビューは参考になりましたか?