【感想・ネタバレ】花はウサギに抱かれたい【単行本版】のレビュー

ユーザーレビュー

ネタバレ購入済み

タイトルが名前!

デイジー 2020年02月18日

漫画のタイトルに?と思いましたが、主人公の二人の名前が、花邑さんとニ兎さんなので、納得。IT企業でお金持ちの花邑さんは、ホストでNo.1を目指すニ兎さんを好きになって、相手をしてもらうけど、その時の表情がかなり色っぽい!ニ兎さんも筋肉質でかっこよくて、二人のイチャイチャに目が離せませんでした。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年12月06日

▼あらすじ
IT企業の社長・南 花邑(みなみはなむら)は、ある日友人に連れて行かれたハプニングバーで男同士のセックスを目撃する。
男と男が淫らに絡み合う姿に、これまで感じたことのない興奮と好奇心が湧き立ち、思わず下半身が疼いてしまった花邑。
そんな時、ふと、妖艶な色気を放つ一人の男に目が留まる。
...続きを読むやかな黒髪に整った眉、ほどよく筋肉がつき均整の取れた肉体。
謎の男に一目で心を奪われ「抱かれるなら彼がいい――」と思わず声をかけてしまい――…。

警察官×ゲイビ男優の甘々同居生活を描く「そのネコ、淫乱につき」も同時収録!

***

ストーリーの完全度:普通
トーン:あまあま・コミカル
エロ度:やや高い
萌え度:普通〜やや低い
総合評価:★3.0

初読みの作家さん。表題作を含め2CPのお話が収録されていましたが、残念ながらどちらのお話も自分にはあまり刺さらなかったです。
表題作は攻めがホストという設定上、仕方ないのかもしれないけど、受けが大金を貢ぎまくって攻めをNo. 1にさせようとする姿にあまり好感が持てず…(^^;)
他のレビューで攻めを金で落としたと書いてあって、自分の中のモヤモヤの原因はこれだなと思いました。これで攻めに何か一つでも頼り甲斐ないし強みないしがあればまだマシなんですが、今のところ将来性もないし、このままだといつか受けのヒモになるのでは?と不安に思ってしまった…(-_-;)
受けが攻めの誕生日に店に駆け付けたシーンは少しグッと来ましたが、良いなと思ったのはそこくらいかも。どちらかといえば同時収録されていたお巡りさん×ゲイビ男優のお話の方がまだ面白かったかな。
まぁ、こちらは攻め受け共にキャラの見た目があまり好みではなかったので、萌えるまではいきませんでしたが。
わざわざ試し読みまでして購入したのですが、最後まで読んでもハマりどころがなく残念でした。もう読み返す事はないと思います。

このレビューは参考になりましたか?