【感想・ネタバレ】米朝ばなし 上方落語地図 のレビュー

ユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2015年04月23日

米朝が描く上方の風景、後書は司馬遼太郎、「人生の晩年になって米朝さんという巨人を得た。この幸福をどう表現していいかわからない。」の評は秀逸

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2015年06月19日

米朝さんのお弟子さん、桂枝雀さんの落語にのめりこんでいた頃にこの本に出会いました。古典落語に出てくるお話の舞台が大阪や関西のどの土地のことであるのかが分る裏観光ガイドブック、あるいは落語名所案内として手元に置いてあります。

このレビューは参考になりましたか?