【感想・ネタバレ】自立が苦手な人へ 福沢諭吉と夏目漱石に学ぶ のレビュー

値引き価格 616円 (税込) 2月20日まで
通常価格 770円 (税込)
3.8
4件

ユーザーレビュー

ネタバレ

Posted by ブクログ 2011年03月31日

自立、自由、強欲弱者をテーマに、現代の問題を、福沢諭吉、夏目漱石の言葉を引用しながら、解説し、解決案を提示している。

江戸時代から21世紀までの、自立への思想の歴史を見ながら、現在がなぜこのような状態に陥っているかを見る。

自立をテーマにしながらも、結論として出てくるのは、
「つながり」であった...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2010年12月18日

[ 内容 ]
諭吉のキイワードは「自尊独立(自立)」、漱石のキイワードは「自己本位(自分らしさ)」。
競争社会の困難さを「近代」から読み解く。
仕事の能力もない、結婚もできない人への提言。

[ 目次 ]
第1章 現代人が直面している「困難」の正体
第2章 自立への一歩―福沢諭吉に近代日本の出発を学...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2010年10月27日

現代日本における自立とは何かを考察した本。
副題に福沢諭吉と夏目漱石に学ぶとあるように明治初期と末期の知識人の考えを引用しながら、現代の若者の自立について述べています。
諭吉の「向上心」は、社会が活性化している時のモチベーションとなる。よく学びよく働き、収入を得るのは社会の理想と考えた諭吉に対し、そ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年07月09日

著者の本は以前にも読んだことありますけれども、あまりピンと来ませんでしたかね…タイトルは個人的にかなりピンと来たんですけれども…「人間嫌いの言い分」とか…僕にとってかなりドンピシャじゃないですか…!

だけれども、その内容を紐解いてみるとかなりアレというか、まあ、著者の顔とか見てみましたけれども、今...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?