【感想・ネタバレ】紙透トオルの汚れなき世界 のレビュー

ユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2015年10月26日

第4回ラノベ文庫新人賞大賞受賞作品。大賞らしい、と言ってしまってはあれだけれど、堅実な構成と文章で多少の読みにくさはあるものの、不安なく読むことができました。ただ、この一巻で作品として一応締めるかと思いきやそういうことではなく、いくつかの伏線は次巻『曽々木小夜子の蘇る世界』で回収されるようです。流石...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?