【感想・ネタバレ】蔵盗み 古道具屋 皆塵堂 のレビュー

ユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2018年02月27日

三作目で、またまた皆塵屋の奉公人(被害者?)が替わった。太一郎も庄之助も顔を出すので、このまま人がどんどん増え続けるシリーズなのかもしれない。(登場人物を覚えるのが苦手なので、ちょっと心配。)太一郎より巳之助のほうが、たくさん登場している。でもって、結果的には猫の鮪助が一番偉いということがわかった。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年09月10日

今回、皆塵堂にやってきたのは、濡れ衣で首になった店への復讐を心に誓う男。
目的のためとはいえ、よく働くね~(笑)
再登場の礼蔵さんが活躍したのも、なんだか嬉しい。
それにしても、巳之助の女性を判断する基準の優先順位には笑った!さすが、巳之助。それでこそ!
素敵な奥様が見付かるといいね。
そして、茂蔵...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年09月04日

シリーズ第3弾。
今回ネコと太一郎の出番は少なめ。
それでもやっぱり個性的なキャラクターが
ストーリをより面白くしてくれています。
今回はホラー<ミステリーっぽさを感じた1冊でした。
---
宮越礼蔵の名前のルビ、2巻も3巻も本編では「らいぞう」なのに、今回の人物紹介で「れいぞう」となっていたのが、...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年02月21日

来月に4作目の「迎え猫」が文庫化するので、積んでいたこちらを消化。
あとがきでネタを絞り出すのに苦労された様が書かれてましたが、気が付けば6作目まで出てるのですよねぇ。感心、感心(笑。
どの怪談もおもしろかったのだけど、人形の幽霊の由来とその後がすごく気になる~!
するすると糸が繋がって、しっかり納...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年05月06日

シリーズ3冊目。毎回主人公が変わるので、登場人物が増えてきて楽しい。勧善懲悪というかんじで、安心して楽しめる。
2018/5/6

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年05月13日

このパターン、そろそろ変えてほしい気も。
身に覚えのない濡れ衣を着せされ、長く勤めた橘屋を追い出された益次郎。
橘屋に仕返しができないかと悶々とする時に出逢ったのは。

成り行きで皆塵堂で働くことになった益次郎。
かなりのやり手で、店前で呼び込み、せっせと道具を売り、商品を片付け、大道具を売り込むた...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年06月05日

「古道具屋 皆塵堂」シリーズ第三弾。
今回の主人公は、小間物問屋で有能な手代だったが、盗みの濡れ衣を着せられ店を出されてしまった益治郎。
復讐を誓った益治郎は、どう見誤ったか皆塵堂を狙う伝説の盗人 甚左の誘いに乗り皆塵堂に勤めることになるが......
第四話「人形の囁き」では、人形に取り憑いた正体...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?