【感想・ネタバレ】迷路の外には何がある? ――『チーズはどこへ消えた?』その後の物語のレビュー

ユーザーレビュー

ネタバレ

Posted by ブクログ 2020年03月16日

前回は、一歩を踏み出すこと。
今回は、そこからの具体的な考え方について書かれていた。
変わり続ける時代にどう適応していくか。これは今の時代、特に大切なことだと思う。
まずは、信念をもつこと。信念とは自分が真実だと信じる考え方のこと。ただ、信念にも良い信念と悪い信念があり、自分の考えそのものが間違って...続きを読むいたり、その時その時によって良し悪しが変わってくる。そこで役に立たないものはすぐに捨ててしまわなければいけない。信念は常にアップデートし続けるものである。
そして、常識を疑う。物語の中では、迷路でしか生活したことのないヘムが、迷路の外の存在に気付くシーンがあった。これはつまり、価値観に限界を作ってしまってはいけないということ。僕も自分の可能性は無限大で、いくらでも経験できる、いくらでも楽しめる。という壁のない価値観の広さを持ちたい。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2020年03月06日

「信念」に対する考え方が変わりました。

信念というとプラスのイメージが強いですが、自分の足を引っ張る信念と、自分を向上させる信念があるということに気づかされました。

教師の「常識」「レッテル」「思い込み」にとらわれずに生徒をよく見ていきたいです。

#教員 #先生

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2020年01月11日

古く凝り固まった考え方(信念)を信じすぎると状況は何もよくならない。新しい未来を想像できる考え方(信念)ができれば、状況を変えることができる。不可能と考えているのは自分の信念であって、誰かが決めたものではない。成し遂げたい目標があるのなら、自分を檻の中に閉じ込めている考えがあるのなら改めよう。そして...続きを読む、新しく考え出した信念も古くなってないか(自分を檻の中に閉じ込めていないか)を常に考えていく。短い寓話の中にそのようなことを私は考えとった。素晴らしい作品なので、友人に紹介した。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2020年01月05日

短い物語に深い教訓が含まれている。
迷路は自分の古い信念であり、皆自分の作り出した迷路から抜け出せなくなっている。

ずいぶん昔に就職活動している時にあるOBから、絶対と言うとこは絶対ない。と言われた事を思い出した。

迷路から抜け出す方法
あなたの信念に気づこう
あなたの考えたことを全て信じてはい...続きを読むけない
役に立たない事は捨て去ろう
迷路の外に身を向けよう
新しい信念を得よう
あなたが信じることに限界はない

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2020年01月02日

『信念とは、あなたが真実だと信じる考えのこと』
『従来通りの考え方をしていては新しいチーズはみつからない』

今、迷路から抜け出せないのは、運が悪いとか環境のせいではなく、自身の思考(古い信念)が原因だということがわかった。従来避けてきた考え方(新しい信念)を、積極的にトライアンドエラーして、自分の...続きを読む信念をアップデートしていきたい。
この本に出会えて、2020年のスタートが希望に満ちていることを嬉しく思っています!

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2019年12月20日

個人的には「チーズはどこに消えた?」より好きだった。
前作のテーマは「変化」であったが、今作のテーマは「信念」だった。ヘムが動けなかったのは、彼の「信念」のためであり、新しい「信念」が必要であった。前作を肯定的に捉えられない人はこっちから読んでみたほうがいいかもしれない。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年11月10日

1.世界は常に変化することを前作から学んだので、それ以上に大切なことがあると思った
変化する世界で自分の気持ちをどのように維持していくか

2.信念とは、自分が真実だという考えのことをいい、それは自分で選ぶことができる。つまり、自分の考えも世界に合わせて変化していくということです。
前作は、革新派の...続きを読む立場からの話でしたが、この本は、保守派の人が変化の激しい現代でどうのような不安を思い、どう向き合っていくのかを述べています。

3.信念は貫くものとばかり考えていた自分には新鮮でした。しかし、考えてみれば当然かもしれません。時代が変わっているのに、自分の思いは変えずに生きていくのは、もはや時代遅れなのかもしれません。大切なのは、古い信念に囚われないことというのが大切だと思いました。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2019年10月21日

本書はサブタイトルにあるとおり「チーズはどこへ消えた?」のその後の物語である。前作では変化を恐れ留まることを選択したヘムのその後が書かれている。
ヘムは葛藤しながらも少しずつ変化を受け入れ、信念を変えることは自分が変わることではないことに気付き、行動を始めた。
本書では、信念を持ち続けることの大切さ...続きを読む、そして信念を変えることの大切さの難しさを問いかけている。その答えとして、信念を変えることが「自分を向上させるか、それとも足を引っ張ることか?」を自らに問えばよいとしている。
信念は自らを向上させる大切なものであると同時に、自分を縛り付けるものであることも錦しておく必要がある。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年10月10日

前作を読んだのはどれくらい前だろう。おさらいのページがあって助かりました笑

今まさになところだったので、言葉一つ一つ、自分への戒めも含めて記録に残しておきたい。
誰かの本でもありましたよね。
「いい方向に向かうのなら、変わることも悪くない」
「Changing same(変わりながら変わらずにある...続きを読むもの)」

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年09月23日

こちらは、有名な「チーズはどこへ消えた?」の続編となっています。

~前作のあらすじ~

チーズ(私たちでいう、お金や家族などの幸せの象徴)を探して、
迷路(私たちでいう環境や社会)の中を、2匹のネズミと2人の小人が駆け回る物語です。

シンプルに、すぐに行動に移すネズミたちは、
次々に幸せを意味す...続きを読むるチーズを見つけていきます。

いっぽう、ネズミたちとは対照的に、
小人たちは過去の経験と、こうなるのではないかという予測が災いし、現状から動こうとしません。

その結果、チーズはなくなります。
やがて、”自分達が行動しなくては何も変わらないのだ”と気づいた、ホーという小人が動き出します。

前作の内容はここまでとなっており、物語の終盤には
“従来どおりの考え方をしていては、新しいチーズはみつからない”
と書かれています。

そして、本作「迷路の外には何がある?」へと物語が続きます。


【もしも可能だとしたら、あなたは何をする?】
本書では、現状を変えようと動き出した小人のホーではなく、
その後も動くことを恐れて立ち止まっていた、もうひとりの小人のヘムにスポットライトが当たります。

ホーがその場からいなくなり、チーズをひとりで探しに行ってしまったことに対して、
ヘムは腹を立てます。

さらにヘムは、ホーが自分のことを忘れたのだ、逃げたのだと思い込み、ついには考えることをやめてしまいます。

私もさまざまな経験を積むなかで、ヘムと同じような気持ちを味わったことがあります。

事業でなかなか結果が出ないときにはとてつもない憤りを感じ、無意識のうちに友人や周囲の環境にベクトルを向けてしまうこともありました。

そんな中、ヘムの物語はひとりの小人との出会いで急変します。

ヘムが落胆しているある日、ホープという新しい小人と出会います。
ホープは、自身の幸せの象徴であるフルーツを探して、迷路を駆け回っていました。

ホープとの出会いによって、
ヘムは新しい信念(考え方)をもつことの素晴らしさに気づき、このように考えました。

“今までの考え方ではチーズ(幸せ)は見つからない”
“そもそもチーズだけが自分の幸せなのだろうか?”

今までの考え方を繰り返していると、自分の未来は、いまの自分の延長線上にしかなりません。
もし未来を変えることが可能だとしたら、いまの自分はどうするのか。

大きな一歩を踏み出す。
私は、
“自分のなりたい理想を決めて、その理想から逆算した行動をとること”
が重要だと感じました。


私も、ご縁があっていまのメンターと出会い、この人のようになりたいという思いから、
“起業”という選択をしました。

起業に向けて一歩を踏み出したときは、不安な気持ちもありました。
でも、あのとき大きく踏み出したからこそ、いまの私の結果があります。

本書は“可能性”と“選択”について学べる一冊です。

起業の道を歩む仲間とともに次々と成功していくためにも、私自身がいっそう努力しつづけます。
そして、将来の可能性を信じて、最大限良くなるための選択をしていきます。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2020年05月16日

信念がいかに私たちを縛りつけているか、というのが印象的だった。
その信念が自分の足を引っ張るのか?それとも、向上させてくれるのか?というのを見極め、自分の手で選び取ることが大切だと学んだ。
別の本を読んで生きづらさの原因は固定観念だということは知っていたので、改めて、不要な信念は捨てていく必要がある...続きを読むと感じた。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2020年03月20日

「チーズはどこへ消えた?」の続編との事。でもストーリーを思い出せるように配慮はされている。先の本のインパクトが大きかったので、それほど感慨がない。

信念とは何か、それはどのように自分を縛り、あるいは自分を変えることができるのかという話。直ぐに読めるし面白いが、「チーズはどこへ消えた?」をまず読む方...続きを読むが良い。

星四つにはしておいたが、何だか当たり前すぎるような感じもした。読後、思い出せないのは私の読み方が悪いのかも知れないが、先の本よりインパクトに欠けた。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2020年03月19日

『チーズはどこへ消えた?』の続編で、前作で最後の最後まで現状維持で迷路に留まることを選んでしまったヘムのその後が描かれている。

以下本書で学んだ教訓
1.人が行動するきっかけは厳しい状況になるから(これ以上悪くなるとヤバイ!って言うぐらい悪い状況になると、人は自然と行動する。ヘムはホーに置いていか...続きを読むれて、チーズも無い厳しい状況になったため迷路をまた探索し始めました)

2.古い信念はあなたを囚人にしかねない(この方法でずっと上手くやってきた、というかつての成功法にいつまでも囚われていてはダメ。状況は常に変化し、昔上手く行っていたことも今となっては上手くいかなくなることもある。ヘムは昔と同じように重いハンマーとノミを使って壁を破っていたが、チーズが見つからなかった。そこで、道具を捨て迷路の外を目指すようになる。)

3.考えや信念は全て自分次第(自分が今まで持っていた信念・事実は正しいとは限らないため、そのまま信じてはいけない。もう一度疑問を持ってみる。そしてダメだと思うなら新しい信念を持てばいい。ヘムはチーズしか食べれないという思い込みを捨て、リンゴを食べ、リンゴが美味しいことを知った。道具を捨てて迷路の外について考えて目指し、実際に見つけた。)

ストーリーを通じて人生において大切な教訓が学べる本書、非常にオススメです。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2020年01月20日

前作では、読み終わった後に
ホーのように勇気を出して一歩踏み出したいと力になりましたが、

今作を読んで、
実はヘムの方が気持ちの方が共感ができるとこ沢山あるな、、と思い
ヘムの変化を読み進めるのが面白かったです。

ある方法でうまくいってしまうと、どうしてもその方法に固執してしまい、
気がつげばそ...続きを読むの古いその信念に囚われてしまい置いてきぼりになってしまうこと。
極限的に追い込まれるまで動き出せないこと
なかなか考え方を変えれないところ。
いちいち悲観的になって怒ってしまうところ。
沢山、共感しました。

そこから、ヘムがホープに出会って新しい価値観を受け入れるようになったり、古い信念(道具)を捨て去り新しい方法を試し始めたのをみて勇気をもらったきがします。

自分で新しい思考(信念)に気がつくことがまずのステップなのだろうなと思いました。

古い考えにしがみつくことがないように、定期的に読みたいです。
友達にも勧めたいと思います。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2020年01月16日

「あなたの足を引っぱる信念がある
 あなたを向上させる信念もある」

信念ってポジティブな言葉のように聞こえるけど、信じている事柄が常に自分をプラスにしているとは限らない。
もしかすると、ゆがんだ固定観念によって、視野が狭くなっているのかもしれないと気づけた本。

印象的だったのは、最後にヘムが過去...続きを読むの自分を笑うシーン。その時は、それだけが真実だと思っていても、実際には違った角度からの見方や考え方によって、状況はまったく別のものになるということ。

自分にとってプラスの信念がなにかを、見極められるようになりたいと思った。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2020年01月05日

古い信念は過保護なお母さんの様な存在。
自分の支えになるけど、新しい変化に対応出来ない。
離れて自立すると酷く寂しい気分になるがそうしないと新しい信念と出会う事が出来ない。
新しい信念は自分を成長に導く

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年11月22日

チーズがなくなってもその場を動かず、怒りと失望感に浸っていた小人ヘムの話。信念はいいものもあれば、悪いものもある。自分の考えを変えることが、突破口につながる。

自分にとっては『チーズはどこへ消えた?』で得られたインパクトより小さかったが、ヘムの迷路を脱するという偉業は称賛したいと思った。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年11月11日

シンプル。「チーズはどこへ消えた?」の中で、変化に応じる事が出来なかった小人のその後.....決断する事への後押しとなる1冊。何をどうすれば、何をどう考えればいいか分からなくなった時はこの本を再読しようと思います。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年11月05日

20191105


チーズはどこへ消えた? の続編。

真実とされている事、自分の信念。
これらは本当に正しいのか?

疑い、行動する事で見えてくる事実。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年10月22日

前作、「チーズはどこへ消えた」の続編。
前作を読んでからの続編なので、「ヘム」がどうなったのか?ということをすぐに読めてすっきり!

前作に続き、人生における「生き方」や「考え方」を教えてくれました。今回は前回、残されたヘムのその後を通したお話だったんですが、まさかのまさかで「迷路の外へ出る」という...続きを読む部分は私の予想とは大きく異なりました。

それくらい、目の前にある当たり前の日常が本当に当たり前のことなのか?を今一度考えてみるということが大事かなと感じました。


私自身もようやくヘムと同じように新しいチーズを探しに出発し始めたばかりで「過去の成功例がうまくいく」「わかっていても次の一歩を踏み出せない」「今までのやり方を変えることが怖い」は激しく共感しながら、読みました。

本当に今の自分でいいのか?の自答を繰り返しながらですが、ヘムのように迷路の外に幸せを見つけられるように前に進もうと思わせてくれました。

このレビューは参考になりましたか?