【感想・ネタバレ】装備枠ゼロの最強剣士 でも、呪いの装備(可愛い)なら9999個つけ放題のレビュー

ユーザーレビュー

購入済み

読みやすかったです

masarukawa12 2019年08月24日

こちらで異世界系とか色々読んでますが、この話は装備に上限枠があるということ、主人公は装備枠がゼロという設定で、呪われた装備なら9999とかありえね〜って所に惹かれました。
リスクを背負いながら、それでも装備する所がアホ・・・いや面白い。
出会う人の人間関係の描写も、納得する内容だったです。
...続きを読む巻はまだ購入してませんが読むつもりでおります。

このレビューは参考になりましたか?
購入済み

個人的には凡作レベル

匿名 2020年04月26日

主人公が生きているのは装備が全ての世界です。
装備枠や装備できる物により優劣が決まる世界です。
そんな世界で主人公は、呪いの装備しか装備できない呪いにかかっています。

呪いの装備は忌むべき物で、街一つを簡単に滅ぼす事ができる物も多く、意図的な装備は違法になります。
呪いの装備は大きな、そして様々な...続きを読む代償が必要になり、使用者にも周囲にもとても危険な物です。

主人公は呪いの抜け道見つけ、呪いの装備を集めて、冒険者として様々な呪いの装備や呪われてしまった人と出会い救っていきます。

作品としては、まずまず面白かったです。
キャラクターは個性豊かでキャラが立ってますし、呪いの装備のどう抜け道を見つけ、使いこなすか等の工夫が有ります。
そして、最初から伏線も張られていて今後の展開も気になります。

ただし個人的な評価としては突出した部分がなく、またキャラクターや街の名前などが微妙に鼻に付きました(例:主人公の名前ノロア・レータ 呪われた 最初の街:マハリジ アナグラムでハジマリ等)
もう少し頑張って欲しかったです。
なので、個人的には凡作レベルに思いました。

このレビューは参考になりましたか?