【感想・ネタバレ】下山事件 最後の証言 完全版 のレビュー

ユーザーレビュー

ネタバレ

Posted by ブクログ 2018年07月31日

戦後史上最大の謎といわれる「下山事件」。その実行犯は自分の祖父なのではないか? という疑問から始まる、とてもスリリングなレポでした。吉田茂、白洲次郎、伊藤律などなど、聞いたことのある人物の名前が次々と絡んできて面白かった。
自殺か他殺かも意見が別れるなか、最後の証人・柳井乃武夫が、「"自殺...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年05月10日

戦後の未解決事件としてあまりに有名だが、こうして詳しく内容を知ると、ますます興味深い。著者の祖父が本事件に深く関わったかも知れないことから進められる取材は、身内や核心に近い人物から情報を引き出すのに有利だったようだ。矢板玄氏への取材は緊張感と安心感があった。桜田会、M資金、松川事件・三鷹事件など戦後...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年01月27日

 究明に至らず未解決のまま真相が闇に葬られた国鉄三大事件と呼ばれる事件があった。

 無人列車が暴走して線路脇の商店街に突っ込み死傷者をだした三鷹事件、
 夜間にレールが外され通過中の列車が脱線転覆し乗務員三人が死亡した松川事件、
 失踪した初代国鉄総裁下川定則が翌朝に轢死体となって発見された下川事...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年10月16日

どんな事件なのかも知らずに読み始めてしまい、
第一次世界大戦やら第二次世界大戦、ポツダム宣言、GHQM資金といろいろと勉強しながら読んだ。難しかった…
誰が、何のために殺したのか?は はっきりはしなかったけど、大勢の欲が一部の正義とぶつかってしまった事件なのかなぁ~と…
なんだか、昭和ってすごい時代...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2014年06月23日

「事実は小説より奇なり」という言葉があるが、この本を読んでまさにそう思った。どんな推理小説よりも謎めいていて、また圧倒的に面白い。乱歩も横溝もこんな面白い作品は書けないだろう。むろん、ノンフィクションとはいえ著者の主観も入っているから、すべてが「事実」だとは思わない。著者の親族にインタヴュウしている...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2014年03月12日

いや、これは...
久々に骨太というか...
読みでがある大作でした(^ ^;

ここんとこずっと「日常の謎」的なミステリばかりで、
こういう固く、太く、重いものとはご無沙汰で。
若い頃は落合信彦とかむさぼり読んでたし、
こういうものも決して嫌いではないのですが...
なかなか頭が着いていかず(^ ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2012年07月18日

面白いので5回読みました。

でも。誰がどんな理由で事件を起こしたのか?何度読んでも全く分かりません。少し前の事件関連本は、GHQが首謀としていたものが多かった気がしますが、実際はそんな単純なものでなかったということ。アメリカ、日本の企業、政治家達、それぞれがお互いを利用していたのだろうから、関係者...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2012年06月25日

「私の祖父は、実行犯なのか?」昭和24年7月6日、初代国鉄総裁下山定則が礫死体で発見された「下山事件」の事である。

著者柴田が大叔母から祖父の法事の時にポツリと聞いた言葉、それが発端となり、「下山事件」を調べていく事になる。

調べていくうち出て来るのは、関東軍、満州鉄道、GHQの各機関、巣鴨プリ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2012年05月26日

これこそドキュメンタリー。
情報を集め、真偽の根拠を持ち、仮定を立て、確認となる根拠の情報を探す。

容疑者の親類という特殊な立場からの視点ですが、中立性は崩れてないと思います。

一国支配できりゃなんだってできちゃいますねー。怖い怖い。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2012年04月18日

前半の説明がくどく、中断してしまったが、後半はページを捲らずにはいられない、息を飲むシーンが多かった。
このような事件が、WWⅡ後の日本で多発していた事実に驚くとともに、闇に葬られたままでいることに悲しみを覚えた。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2012年03月19日

戦後最大のミステリーと言われた昭和24年の国鉄総裁の怪死事件「下山事件」。「自殺」として、捜査が打ち切られたが、左派の犯行説、GHQによる謀略説などもあり、朝日新聞記者の矢田喜美雄氏や松本清張氏(「日本の黒い霧」の一篇)らによるノンフィクションや熊井啓監督の映画が有名だ。

ジャーナリストで作家の著...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2011年09月29日

戦後最大の謎・下山事件の真相に迫った圧倒的なノンフィクション。
タイトルに「最後の証言」とあるが、情報の多さや論理の深度の点において、まさに棹尾を飾るにふさわしい読みごたえ。

GHQ・右翼・CIA・三菱など、様々な利権と膨大な数の関係者から成る複雑な背後関係について丁寧に記述され、初めてこの事...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年10月12日

ちきりんさんのブログを通して本書を知った。

3章までの面白さは素晴らしい。

下山事件という謎の多い事件(自殺?)について、
著者の親族の話を中心にして説明されていく。

後半は、同じような事実が繰り返されているような感があり、
登場人物も訳がわからなくってしまい、結局消化不良だった。

下山事件...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年05月13日


戦後史最大の謎、下山事件を扱ったノンフィクション。
著者の祖父が、戦中は陸軍、戦後はGHQの特務機関員であったと。
また、下山事件に大きく関わる亜細亜産業にいたという。
下山本の類はそんなに読んだことがなかったけど、これは実に読み応えのある一冊でした。
昭和史の事件を知ると実に、色々なものが見えて...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年10月07日

下山事件そのものについては、遠くで聞いたことがあるかなぁ?程度のことだった。
たまたま本屋さんで目に入り興味を持って買ってみた。

まぁ・・・驚くことばかり、関わってくる人達もすごいし、色々が闇すぎて。

なんだか下山総裁がお気の毒としか言えない。

あんなことができちゃったことが恐ろしい。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年07月17日

「文庫X」も凄いけど「下山事件」も凄い。というカバーの煽り文句に惹かれて購入しました。
お恥ずかしながら下山事件を知らなかったので、事件の凄絶さにまず驚き、日本の闇…と言っていいのか、そういうものにぐいぐい引き込まれました。ただ、あまりに登場人物や組織が多いので、読むのが難しかったです。多分、半分も...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年04月21日

下山事件についてのあらゆる事象からの推察と分析。下山事件についてこの本以上に検証した作品はないのではないか。
最後まで読むには根気が必要だった。しかし徹底した検証は驚異としかいえない。柴田氏に脱帽した。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2012年10月13日

事実は小説より奇なり、とは本当ですね。マンチュリアンリポートの次に読んだということも偶然にしては奇妙でした。昭和、戦後の日本のことをもっと知らないといけないと感じたし、国民の知らないところで壮大な駆け引きが行われている政治の舞台はきっと現代も同じなんだろうな。郵政民営化の裏側にもアメリカがみえかく...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2012年08月09日

重厚なドキュメント。あの下山事件が謀殺であり、祖父が事件に関わっていたのでは、というのが発端。昔も今も日本人の本質は変わらんのだな。悪い奴等が多過ぎる。そして、悪い奴等ばかりが長生きする訳だ。出来れば断定して欲しかった。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2012年04月18日

好きな作者の(KAPPAやRYUなど)処女作との事で手に取ってみた。
名前こそ知っていたものの、事件の内容は詳しく知らなかったので、
非常に勉強になった。
近代史が気になりだしたきっかけになった本。

このレビューは参考になりましたか?