【感想・ネタバレ】図解・最新 難しいことはわかりませんが、お金の増やし方を教えてください!のレビュー

ユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2020年12月15日

まとめ ⇒

株やNISAや年金、保険のことなど金融リテラシーが皆無だった自分にとって新しい知識だらけだった。絵もついてて非常に分かりやすかった。

学び ⇒

・定期預金より日本国債のほうが金利が良い
└銀行と国だったら銀行のほうが先に潰れるから
-国債…国の借金。国にお金を貸すことで数年後に利子...続きを読むを付けて返してくれる
→1年経てば解約しても元本割れしない上に、減ることもない
※日本国債の買い手はほとんどが日本人であるため、もし国債の借金が返せなくなってもお金をたくさん刷って国民に返せば良い。
 └日本経済が破綻するのは当分先なので、「財政破綻」などの言葉に惑わされて怪しい金融商品に手を出さないようにする

・お金を正しく運用したいなら銀行には近づくな
→銀行の窓口で買う金融商品は銀行関係者が得をするようにできている
→銀行の2大ビジネスモデル
①家を買う人などにローンを組ませて金利で儲ける
②会社を退職した高齢者に投資信託などを売る
→銀行には「個人向け国債」以外、買うに値する金融商品はないとおぼえておく
→ネット証券を活用しよう

・ネット証券の選び方
└① 商品ラインナップが多い
②手数料が安い
③(デイトレーダーのように毎日何かしら取引をする人は)スマホ対応、夜間取引可など
→一般の人(年に数回取引する人)は③はそんなに気にしなくていい
→SBI証券、マネックス証券、楽天証券あたりの大手であれば問題なし
※口座を開くときはNISAの口座も一緒に開いたほうが楽

・複利に関しては、「72を『利率』で割ると『2倍になるまでにかかるおおよその年数』が出る
→例:500万円を利率5%で運用する
72÷5=14.4年
で1000万円になる。

・買うべき個人向け国債は「変動金利型10年満期」
→個人向け国債には「固定金利型3年満期」「固定金利型5年満期」「変動金利型10年満期」の3種類がある
→固定金利型は金利がずっと一緒
→変動金利型は長期金利に合わせて変動する。最低金利は0.05%であるため相対的に銀行に預けるより得をする
-長期金利…銀行が金利を決める際に目安にする数字。
※個人向け国債は最初の1年は下ろせないが、それ以降は過去1年分の金利を払えばおろせる

・老後に必要なお金の考え方
→『老後に生きたい年数』×『X万円』=『ひと月あたり「年金」+「X万円」の生活ができる
└例:老後30年生きるとしたら
360ヶ月(30年)×1万円=360万円
→ひと月あたり「年金」+「1万円」の生活が可能
※1800万円の貯金なら「年金」+「5万円」、3600万円の貯金なら「年金」+「10万円」
※年金は今より減る可能性はあるが、最低限の生活をしていくくらいの分は将来も支給される

・一般人の投資はほったらかしでよい
→個人向け国債と株式の投資信託だけやれば良い
※金、先物、FXや上記以外の金融商品には手を出さない!!!

・投資信託(株式)はリスクが少ない
└投資信託…株の詰め合わせ
→分散して投資できるので一つの会社がだめになっても大きく減る心配はない
→運用した資産自体は証券会社や運用会社ではなく信託銀行にあるからごまかされることはない
※信託銀行は客から集めた資産は会社とは別で管理するように法律で決められているから、潰れても不正がなければ問題ない
※投資信託の資金の流れ
投資する人⇄投資信託を売る人⇄運用を指図する人⇄実際に売買する人(お金の管理をする人)⇄金融市場

・投資信託を買うときの5つのポイント
①運用管理費用(信託報酬)が安い物を選ぶ(ランニングコストが安い)
②販売手数料が安いネット証券で買う
③毎月分配型を選ばない
④ファンドの資産規模や流動性を確認する
⑤過去の成績で選ばない
→①②が特に大事

・現時点で買うべき投資信託は下記の2つ
①上場インデックスファンドTOPIX(国内株式の投資信託)
②ニッセイ外国株式インデックスファンド(海外株式の投資信託)
└ランニングコストが他の投資信託に比べてかなり安い(もっといいものはあるかも)
→リスクを負っていいと思うお金から国内と海外の2つの投資信託を半々ずつ買えば良い
※プロでも投資信託が上がるか下がるかはわからないので「手数料で選ぶ!!!」

・投資信託でお金が増える理由
→勝つか負けるかの競馬、宝くじと違って、「株式会社は株主に利益を還元しようとする」から(経済活動を通して、株主の資産を増やそうとしている)
→分散しているから(①は約1800社、②は約1400社)リスクも下げられるから平均的に金利よりも+数%で運用できる(平均+5%)
※年金などを運用している機関投資家は、株式をだいたい金利+5%くらいの計画で毎年運用している

・競馬や宝くじは経済的にはやらないほうが良い
└競馬は運営側の取り分25%で残りを取り合うようなもの
└宝くじは法律で還元率が50%を超えてはならないと定められていて、実際45%ぐらいしか還元されない

・投資信託は大まかに2種類
└アクティブファンド…プロ(人)が株や債券を選んで買う
└インデックスファンド…日経平均やダウ工業平均などの指標に沿って機械的に買うため、手数料が安い
→成績は「アクティブファンド<インデックスファンド」

・インデックスファンドについて
→日経平均は「東証一部上場企業からピックアップした225社の株価から計算する平均」
→TOPIX(東証株価指数)は「東証一部に上場しているすべての会社(約1800社)の加重平均。単位はポイント」
※TOPIXは会社の規模も考慮された、よりバランスの取れた指数
→ニッセイ外国株式インデックスファンドは「アメリカやイギリスなどの日本を除く先進国の会社が対象で、海外版のTOPIXみたいなもの」

・投資したお金は「年に一度の分配金(微々たるもの)」と「売ったとき」にもらえる
→売るタイミングは「病気や怪我をしたときや、老後にお金が必要なときに必要な分だけ売る!!!」
※「毎月分配型」というのもあるが、税金面でそんな上に、ランニングコストが高いため絶対選ばない
※不安をなくすための投資(リストラされたときのため、老後のためなど)なので生活費は給料から捻出して残りを資産運用して備える
※お金が必要になったら「もし買った値段より下がっていても」躊躇なく売る!!!(チャンスを逃さないためにも…)

・医療保険は入る必要がない
└医療保険の掛け金は半分以上が人件費や広告費に使われている(運用の中身が不透明)
→医療保険に入らず、その分貯金するのが賢明
→病気になっても健康保険に入っていれば(会社員なら入っている事がほとんど)「高額療養費制度」で一定額以上は国が負担してくれるため問題ない

・生命保険は独身なら入る必要はない
→家族がいる場合は「ネットの保険会社(ライフネット生命やアクサダイレクト生命など)で、子供が自立する10年~20年の最低限の期間に掛け捨て型で『残される家族』×『1000万円』くらいで『死亡保障だけの特約がないシンプルな保険にはいる』
※国民年金か厚生年金に加入すれば残された家族は遺族年金がもらえるから1000万円くらいで問題ない
→保険料を押さえた分は貯金や資産運用をして、もしもに備えよう

・インデックスファンドを買う前に知っておくべき制度「NISA」
-NISA…満20歳以上で、国内在住者なら1年間に120万円までの投資に対する利益が5年間非課税になる制度。
└運用した得た利益には所得税、住民税あわせて約20%の税金がかかる
※確定申告は証券会社が代行してくれるため、税金の手続きは気にしなくていい
※5年間過ぎたら課税口座(普通の証券会社の口座)か、新たなNISA枠に移すか、換金するか選べる(何も選択しないと課税口座に移される)
※始まったばかりの制度なので最新情報のチェックをしておこう
-「つみたてNISA」…限度額40万円で投資に対する利益が20年間非課税

・投資の手順
①資産配分を決める
└「当面の生活資金」「安全資産」「リスク運用資産」の3つに分ける
②「当面の生活資金」は普通預金へ
└生活費としてすぐにおろせるようにしておきたい額(3ヶ月分の生活費)
③「安全資産」で個人向け国債を購入する
└安全に貯めておきたい額
④「リスク運用資産」はインデックスファンドを購入する
└最悪の場合1年で3分の1に減る可能性があると考えて金額を決める(3分の1を下回る可能性は2.3%ぐらい)
⑤「リスク運用資産」で国内と海外が半分ずつになるようにインデックスファンドを購入する
└NISAの枠を使って購入する(限度額を超える場合は、残りは証券会社の普通口座で買えば良い)
※まとまった資金があるなら、一気に買ってしまう(毎月買うと手数料がかかる)
※国内:海外の比率は4:6~6:4くらいの間に収めれば良い

・見通しをつけて運用しよう
└運用はうまくいくときもあれば、うまくいかないときもあるため余裕を持って計画を立てる
→目標額より少し多めに積み立てる

・素人が手を出していいハイリスク・ハイリターンの投資は「新興国(BRICsなど)のインデックスファンド(eMAXIS新興国株式インデックス)」
※NISAの非課税運用枠をフル活用する

・年金はざっくり分けて3種類
①厚生年金
└給料から勝手に引かれる公的年金
②企業年金
└確定拠出年金の制度があれば加入検討
③保険会社の年金サービス
└入る必要なし

・年金は収めよう
└高齢者に支払われる年金は消費税などの税金からも賄っている
→年金を収めずに受給資格を失うと支払った税金の一部を損することになる

・確定拠出年金とは
└年金を個人で運用する制度
└運用成績によってもらえる年金の額が変わる
└60歳以降におろせる積立貯金
└毎月口座から引き落とされた掛け金は所得控除になるから、所得税や住民税が安くなる
└運用で儲かった分の利益は非課税(期間なし)
※今までは確定給付年金だった(会社が運用していて、あらかじめ決められた額がもらえていた)

・確定拠出年金の利用方法
①自分がどのタイプか知る
└「個人型」か「企業型」か
→自営業や主婦、勤務先に企業年金制度がない人は「個人型」
→会社員は自分が個人型なのか企業型なのか、掛け金の上限がいくらなのかをきくべし
②「個人型」の場合は確定拠出年金に申し込む
③金融機関に口座を開設する
④リスク運用資産全体で、手数料が安いインデックスファンドを選び、国内と海外で半々になるように運用する
└金額が選べるなら上限まで使う
→上限額毎月2万3000円(年間27万6000円)まで年金の掛け金にして、見通しを立てたときに決めた積立額のうち27万6000円は確定拠出年金として積み立てる
※制度が変わる可能性があるので最新情報のチェックを行なう

・確定拠出年金の主な手数料
①公的機関に払うお金
└全員に一律にかかる。(初期費用2777円、月額167円)
②運営管理手数料
└金融機関ごとに違う
③インデックスファンドの手数料
└金融機関・メニューごとに違う
→②③の安さで金融機関を選ぶ
→「SBI証券」「楽天証券」などは②が0円
→外国株式のインデックスファンドは特に手数料が安い

NA ⇒

・節約する

・ネット証券で口座開設

・社会人になって貯金100万円ができたら、上記を行う

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2021年03月01日

めちゃくちゃ分かりやすかった!
対話形式になってて、一人が全くの素人目線で話してるから理解しやすい。投資、資産運用の勉強のモチベにも繋がった。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2021年02月17日

投資を始めたいと思っていたので、とても役立ちました。電子版で読んだのですが、書籍を購入して親にも勧めてあげたいです。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2021年02月09日

2017年の本ということでちょっと古いけど、初心者にはめちゃ分かりやすい。
対話形式なので読みやすい、章ごとに図解あり、最後に結局何したらいいかがまとまってる。

もともとできてることもあれば、間違った選択をしているとも。でも完全に鵜呑みにせず、知識の蓄えとして活用してこ。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2021年01月24日

金持ち父さんを読んだ後に
具体的な部分を補填するには最高。
株の詳細がわかる。
メリットデメリットもわかる。

とりあえずSBIの投資信託を使ってみようかと思う。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2021年02月28日

いやあ、めちゃくちゃわかりやすかった
タイトル通りに小難しい事は書いてないし取り敢えずポイントだけを伝えてくれてる感じ
この本に載ってる事を深堀、勉強して肉付けしていこう
投資の入門書としては最高なんじゃなかろうか

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2021年02月22日

お金についての基礎中の基礎がしっかりとまとまった良本。この本からとっかかり他の本で更に知識を深めるのが良さそう。この本の影響を受けた本も多いだろう。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2021年02月16日

お金の事をちゃんと学びたいなと思い、最初に選んだ本でした。とても分かりやすくこの本を読んで投資用の口座を開設しました。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2021年02月08日

本当にわかりやすかった。
株、NISA、iDeCoなど、名前は知ってるけどなんとなく怖がって避けてきたもののについて、少なくとも「なんとなく怖い」という感覚はなくなった。
複利の話も、なるほど!という感じ。

YouTubeの両学長のチャンネルを見てネット証券を始めようとしていたので、頭が整理されて...続きを読む良かった。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2021年02月07日

クロストーク式の本でとにかくわかりやすい。
お金についての知識がない方はまずこれを読んだ方がいいと思う。
結果としては、楽しく働くことが大事でそれも大切な投資だということ。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2021年02月05日

投資や年金、保険などお金のことを分かりやすく伝えている本。比較的読みやすく、途中でイラストや図などでまとめてくれているので頭にすっと入りやすい。お金のことにあまり詳しくない人でも比較的読みやすいと思う。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2021年02月04日

結婚はバブル、らしい。。
兎にも角にも、対話形式で非常にわかりやすく。つみたてにーさについて言及してないのは何故だろう?ニッセイのインデックスファンドおすすめしたり、なんか息のかかってる本なのかな?

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2021年01月26日

非常にわかりやすくコンパクトに書かれていた。
実際にどのような銘柄を買えば良いのか、リスクがあるのかなどがフラットに説明されており、本の長さも短いので、サクッと読める。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2021年01月25日

この本から私が学んだ事
ーーーーーーーーーーーーーーーー
○お金を運用する時は銀行で運用しない
(銀行に有利なようにされてしまう為)
○投資信託 インデックスファウンドで運用
○確定拠出年金をする
○生命保険には入らず自分で貯金しとく
〈具体的なお金の運用方法〉
手元にある貯金を
①安全資産
②リス...続きを読むク資産
③当面の生活資金分
にわける
②リスク資産から損しても良い金額を決め、その
3倍の金額を投資信託、インデックスファウンドで買う
インデックスファウンドは国内、海外を半分づつ買う
買ったら預けっぱなしにする
さらに投資をしたい時は買っているものの金額を増やす
ーーーーーーーーーーーーーー
お金の運用について初心者の私でもわかりやすく読めた
確定拠出年金とインデックスファウンドの購入は
実行してみようと思う 
確定拠出年金は本の発行当時より層が広がり
現在は主婦も買えるようになっている
生命保険は不利益だとわかったが私は安心料として
続けようと思う

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2021年01月24日

タイトルから連想される通り、簡単ですぐ実行できる内容になっていた。具体的なことはそのまま実行するとして、最後の「最強の投資は仕事のスキルを身に付けること!」についても意識して仕事に取り組みたいと思う!

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2021年01月17日

かなりわかりやすかった。

「お金が必要になった時は、もし自分が買った金融商品の値段が購入額より下がっていても、躊躇いなく売って欲しい。自分の買値っていう将来に影響がないものにこだわるのはもったいない。君にお金が必要になったとき株価が下がってるからとかいう理由でチャンスを逃してはもったいない。過去の...続きを読む判断が間違っていたとしても、大切なのは未来だけ。」
ここをしっかり伝えてくれるところに、本書のキャラ設定とはちがう本当の山崎元さんを感じた。
→本としてもきもちのいいものだった。

人の予想より、機械で平均で見たものの方が安定している。平均で見るのと、手数料などの見落としがちのコストを考えることが大切。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2021年01月14日

お金まわりのことついて分かりやすく書いてあってよかった。
また、具体的におすすめの投資方法や投資先、やるべきことについても書いてあったので、自分で調べることももちろん必要ではあるが、参考になった。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2021年01月09日

お金に関する知識を得るための初心者のための入門書!
会話形式で話が進んでいくのでとても読みやすいです。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2021年01月05日

お金の勉強の第一歩としてはとても良い本で初心者向け。お金の増やし方の基礎が学べる。

だから、既にお金の勉強をしている人はわざわざ読まなくても良い。

図解で説明しているところや会話形式で書かれてるため、とても読みやすい。

内容は、初心者向けの投資の仕方が書かれている。
自分自身初めて知ったことは...続きを読む宝くじの還元率は法律で50%を超えてはならないと定められていて、実際の還元率は45%であり、他のギャンブルなどと比べてめちゃくちゃ還元率が低いことを知った。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2020年12月13日

難しそうで敬遠していた投資信託や確定拠出年金について理解でき、自分にもできると思えた。説明がわかりやすい。

このレビューは参考になりましたか?