【感想・ネタバレ】人を襲うクマのレビュー

ユーザーレビュー

ネタバレ

Posted by ブクログ 2018年06月16日

ヒグマよりツキノワグマのほうがずっと人を襲っているという事実に驚いた
アメリカクロクマより日本のツキノワグマのほうが攻撃性が高いのではという仮説もあるらしくこれからの研究に期待

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2018年01月17日

読み終わってホッとしたのは、クマを恐れる必要はない、ということ。
語弊があるかもしれない。クマに遭遇してしまったら、こうすれば助かる!というセオリーはありません。しかし、クマの生息域に入り込んでいく場合は、いつでもクマに出逢う危険があることは認識しなければならない。だから、クマのいそうなところに行か...続きを読むなければクマに襲われる危険はない!ということです。

「人間の生活が、動物の環境も変えてきた」。
クマを目の敵にする前に、この言葉の重みをニンゲンは考えなくちゃいけないのかもしれない。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2020年04月27日

日本各地で起こった熊による被害や熊の生態について細かく分析した本です。
熊について興味のある人は是非読んでください!

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年12月27日

たまたま現在、中国原産の熊の赤ちゃんが生まれ、日本のマスコミは大はしゃぎで報道に熱を入れているが、日本にも野生の熊がいる。
そして、その熊はちょこんと座って、笹を食べたりでんぐり返しをしているような熊とは違い、自然の中で生きて、時として人を襲う。

本書は、日本で実際に発生した熊による人間の被害につ...続きを読むいて、その状況を詳しく解説し、併せて熊の生態、攻撃などについても、詳しく、正確に、かつ分かりやすく解説してくれる。
北海道では、ヒグマ。本州以南にはツキノワグマが生息しているが、熊は深山を分け入った山の奥深くに生息している幻ではない。
人里のすぐそばに住んでいる。そして、自然の食物が足りない事態になれば、容易に人里に降りてきて餌を漁る。
特に昨今、自然災害や異常気象が多発しており、冬眠前の熊が十分な食料を採れないことも多いと思う。
上野動物園でパンダを見るだけでなく、初心者コースの山登りやトレイルラン、山菜採りなどで山に入る可能性があるひとは、一度は読んでおいた方がよい本だと思う。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2020年12月01日

文章が云々、というより、事例が怖い。クマが怖い。
登山などの際には、まさかと思っても、熊にあうかもしれないという自覚が必要だという警告の書。最悪、襲われたら頭と首だけ守ろう・・・。クマに反撃して「ある程度反撃には効果がある」とか言える人たちは、本当にすごいと思う。そして襲われたにもかかわらず「クマの...続きを読む住処に入り込んだのは我々だから」と言える謙虚さもすごい。
熊が食害目的で人を襲う習性を身につけたら恐ろしいな。。。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年05月11日

三毛別羆事件など、クマ被害(熊害)に関するルポは読み応えがあり、原始的な恐怖を呼び起こしてくれる。
また、登山を愛するものとして、常に熊の恐怖を刻み込んでおかなければと思い、この本を手に取った。
ニュースなどではぼかして表現されている被害(特に食害)が詳細に明らかにされていて、クマの威力、強さに衝撃...続きを読むを受けると共に大変勉強になった。ややグロ耐性は必要かもしれないが…。

現在に至るまで、クマ被害は絶えず起こっていること、どんどん人間のテリトリーに踏みいってきていることがよく分かった。
というより、人間がクマのテリトリーを冒しているのだ。
クマ被害から命からがら生還した人々が一様に「自然の領域に踏み込んだ人間の自業自得だ」と諦観しているのが印象に残った。

クマの恐ろしさをつまびらかにしながらも、かの森の主への畏敬の念が随所に溢れていた。ヤマケイらしい良書である。

このレビューは参考になりましたか?