【感想・ネタバレ】傷痕 のレビュー

ユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2013年09月28日

かの大スターへのオマージュ作品。
ああ、この作者はこうとるのか。実際にもそんな話があったんだろうか。
少しあの人への見方が変わった、そんな話。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年06月05日

キング・オブ・ポップの人生について、事実と虚構が交錯するお話。
特に最後のほうは本当にただ切なくて、胸が詰まって涙が出た。

彼は幸せだったろうか。
どうしてあんな終りが来てしまったのか。

でも、彼は家族を得て、そこで得た安らぎの時間を持てたことはすごくよかったんだろうな。

彼の音楽を愛した1人...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2012年11月28日

世紀のスーパー・スター、キング・オブ・ポップが死んだ。たったひとり、「傷痕」と名付けられた娘を残して・・・ 

読んでいて涙が出てきました。うしなわれたものがどれほど大切で、多くの人の心をゆさぶってきたのか、というテーマが、実際にいた人間に重ねて描かれていく。その書き方が、おそろしくあたたかくて、き...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2012年01月29日

Great ! やっぱり、桜庭作品は最高なのだ!・・・またもや、内容をよく知らずに読み始めた私。「あれ?これって、マイケル・ジャクソンがモデル・・・とか?」 参考文献を見ると、やっぱりそうらしい。私自身、彼に特に興味はないのだけど、そんな大スターをモデルに書いちゃって、大丈夫なのかなぁ?と、ちょっと...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年01月11日

この国が二十世紀に生み落とした偉大なるポップスター、キング・オブ・ポップ。そんな彼のファミリーや娘、彼に関わったことで人生が大きく変わった人たちを描いた作品。

参考文献にマイケル・ジャクソンに関する書籍がずらっと並んでいることからわかる通り、実在したキング・オブ・ポップ、マイケル・ジャクソンをモチ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2014年12月03日

「伏」のときもそうだったがなんでこんなに誰も手を出さないようなド高いハードルのモチーフを持ってくるかね桜庭一樹は、ホントいつもヒヤヒヤさせられっぱなしである。だがあの零戦本みたく丸写しにならずそれなりに仕上げてくるところは流石かな。
マイケル、パリス、孔雀はラトゥーヤ、そして少女を描く事については一...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2014年01月15日

一人の世界的スターの死を巡るストーリー。
この話はどこがって言われてもうまく言えないけど好きだな。…このスターのについてスター以外の視点から語られて好印象だったのだと思う。だからこの話が好きって言うよりスターが好きなんだと思う。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2014年01月13日

偉大なポップスターの死を残された人々の視点から描いた作品。
様々な人物の物語や想いが、最後の、彼の死から2ヶ月後に催された特別なセレモニーのシーンに繋がっていく。
彼を送るためのセレモニーはとても素敵だった。彼のことを知らない、一読者であるわたしも思わず彼の死を悼み、叫んでいる。そんな想像が頭の中...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年10月15日

マイケル・ジャクソンを現代日本で再現したら?という話。
桜庭一樹は父もしくは母との関係により、少女が健全に生きられないという話が多かった。
今回はスーパースターに性的いたずらをされた復讐と、彼の娘の傷跡が対照的に描かれている。
復讐はスーパースターの視界に入るために、また大人たちにのせられて、彼を訴...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年07月05日

あ、やっぱりマイケル・ジャクソンのことか!と参考文献のページを見て思った。
私は、作品の中で言えば、彼が死んでから、その偉大さを、色んなものを通してなんとなく感じた世代に属していて、
つまりは、私は繁栄の神がいなくなってしまった世界に生まれてきたということか、と気づくと同時に、傷痕がこれから生きてゆ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年05月22日

面白かった~

モチーフはこの夜を去ったキング・オブ・ポップ
彼の娘を中心に彼を取り巻く人々の心情を描いていく物語

印象的だったのは彼は子ども時代から働いていていて子どもの生活がなく、だからと言って大人になっても心は大人になりきれなかったってところ
私みたいだなって思ってしまった
私は働いてはない...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年04月04日

急死したキング・オブ・ポップと残された人々の物語。
MJのwikiと照らし合わせながら読むと、また違った趣がありそう。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年03月01日

MJとフィンガー5をあわせたようなポップスの王様とその死、そして残されたものたちの思い。
時間をかけてじっくり読みました。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2013年02月10日

マイケル・ジャクソンをもとにした話。
娘・傷跡を引き取った大スターの生前から死後までを、色んな人の視点から見つめる。
ファン
被害者として名乗り出た女の子
スキャンダルを追う記者


…etc.

話により視点は変わっていくが、読みやすい。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2012年10月24日

故マイケルジャクソンをモデルにした小説でいいのかな?
娘やファン、アンチのジャーナリスト、彼を訴えた少女など色んな人によって語られる彼。
どの視点でも『強烈なカリスマ性』というより「人を惹きつけてやまない」彼が描かれてました。
彼がどれだけ偉大で孤独だったのかわかる作品でした。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2012年10月06日

桜庭さんの最新作。マイケルがモデルになってるとは知らなくて、読み進めていくうちに「もしかして...?」と思って確認した。その事実を知ってからは、何度も「彼」の姿がマイケルと重なってしまって、何度も「あ、違う、彼は日本人だ...」「あ、彼の故郷は日本なんだっけ...」と、何度も軌道修正をする必要があっ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年02月11日

変わった題材だったなあ。
日本の話に置き換えられていたけど、ほぼほぼ、MJを思い浮かべながら、読みました。
結局、傷跡って、名前で呼ばれてるのは、なんで?で、終わってしまいました。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2015年05月09日

桜庭さんの作品は読んでなくてもだいたい知ってるつもりだったのに、この作品は知らなかったです。
マイケル・ジャクソンをモデルにしているというのは、読んでてなんとなく分かりました。
私にとっては、可も無く不可も無く、という印象の作品です。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2014年12月20日

モチーフがあのスター一家?
もやもや感が否めぬまま進んでいき、やや疲れました。
ただ、桜庭作品は今の私にはなぜか心地良し。
満足です。
つぎ、いこ。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2014年08月06日

マイケル・ジャクソンの桜庭一樹ver物語。
と言いきってしまうには惜しいような。
復讐ちゃんのお話がいちばんらしくて好き。
やっぱり砂糖菓子の少女を書かせたらピカイチ。流石。
久しぶりにあの頃、少女だった頃に戻れた気がした。
桜庭さんがすべてだったあの頃の私に。
角砂糖や金平糖みたいに綺麗なお話だっ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?