【感想・ネタバレ】「好きなことだけやって生きていく」という提案 のレビュー

ユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2019年11月20日

普段TVをあまり見ないので、著者の視点が斬新に思えた
好きなことだけしていく為の秘訣が満載!!
AI時代を生き抜くに必要な要素が書かれてる!!
成功してる人に共通してる部分も興味深く書かれてる!!

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年01月14日

この提案は受けておくべき。
(だいたいの人間が)好きじゃないことは、これから機械に代替される。
好きなことでないと、生きていけなくなる。
しっかりと受け止めたい。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年09月25日

面白がってみる、流行っているものには理由がある、が記憶に一番残った。
自分の引き出しが増えると何事も楽しくなる、たしかに!

すぐに活かせそうなアイデアがたくさんあった。
たまに読み返して引き出しを増やしたい。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年06月26日

西野亮廣の推薦書ということで興味を持った一冊。テレビのプロデューサーという視点で、様々な事例や有名人の発言等を引用して話は進む。随所になるほどと頷けるフレーズが散りばめられており、現状の鬱屈としたモヤモヤ感に悩んでいる若者にも是非読んで欲しいと思った。「努力を努力と感じるならばやめた方が良い」「好き...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2020年01月19日


タモリさんやサンマさんの実例の部分が一番心に残ったので、やはりその二人は別格だなと。その二人の名言集を別途読もうと思った。

それ以外に心に留めておこうと思ったところ。
●面白がれ、という話の流れの中で→『私には、その商品や作品のだめたところに気づく能力があります」と主張したいがために、何かを「つ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年09月07日

内容(「BOOK」データベースより)
この時代に生まれて本当によかった!もう、嫌いな仕事をガマンしてやり続けなくてもいいんです。好きなことを仕事にして楽しく生きられる。むしろ、そうしないと生き残れない時代が、あと数年でやってきます。しかも、コツをつかめば、今なら誰でも好きなことだけやって生きていける...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年05月05日

しるし書店は知ってますか?
ざっくり言うと、
西野亮廣さんが始めた古本屋さんです。
ただ、
読まれた本、
中古本とか古本を売ってるのではなく、
しるしなんです!


しるしのついた本を売ってます!
いわゆる、
ポストイットとか、
ブックイヤーとか、
書き込みなどがある本を前提にした古本を売ってるお店...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年11月26日

意外と好きなことを仕事にしているひとは少ないが、その王道を明記したノウハウ本。

企業より個人の方がネット社会だと、信頼度が上という文章が気になったが、もし、そうなら、やりたいことが自分次第でやりやすい時代かもしれない。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年11月11日

固定概念を捨てて何にでも興味をもってみる、面白がってみるというのは昔はできてたから何でも面白かったんだろうな。
気付くキッカケになりました。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年09月22日

好きなことを仕事にするというよりは、今置かれている状況において、今一度現在の仕事に意義、やりがいを見出すべしとの考え方。
特に、他人事ではなく自分事として取り組む、何事においても本質を見据えて取り組む、という点は深く共感。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年09月11日

表題にあることを実現するために、好きなものを増やさないといけないという観点が新しい。例えば勧められた映画を観に行くフットワークとか、そういうのが大切。

このレビューは参考になりましたか?