【感想・ネタバレ】愛に目覚めてこうなったのレビュー

ユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2019年10月14日

内容は違うけれど、恋愛に関してトラウマのある大紀と藤原。藤原は無自覚だったけれど、最初から大紀のことが大好きだったんだろうな。と思う。他の人に対する対応と全く違ったから。自分が他の人のプライベートに興味がないからか、周りのことを全く気にしない藤原。大紀の今後の苦労が目に見えるようだけど、なんだかんだ...続きを読む言っても大紀も藤原のことが大好きだから幸せなのかも。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年09月15日

終始クスクスしながら読み終わりました。楽しいBL。
暴走攻めとふんにゃり受けを並べて常識を説く徳竹が不憫でならないwwww 
1つだけ気になったのはイラスト。
下睫毛!www 
絵師さんの『イケメン』は下睫毛が大事だったんだね、きっとでも私はそれが気になって仕方なかったんだwww

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年10月08日

笑わせてHで胸キュンでと、三拍子そろっているエロコメが上手い名倉センセ。「はじまりは窓でした。」がとても面白くていい話だったけど、こちらもまた楽しいエロが大サービス。

26歳で同期のリーマンものです。そして、二人は入社式で再会した中学時代の元同級生。
大紀は総務部の働き者。面倒見が良くて、頼まれる...続きを読むと何でも引き受け、きちんとその仕事をこなします。
今回の頼まれ事は、会社の女性たちがドキドキと浮ついて仕事に支障をきたさないように、モテ過ぎる営業の藤原に彼女を作らせるというもの。
見てくれはイケメンでデキる男の藤原。
彼の思考回路がとっても面白かったです。人生には、仕事と友達がいればいい。女なんか、邪魔なだけだ…と思っている男。かっこいいのに彼女いない歴26年の立派なDT。そして自分がDTであることに、何の不都合も感じていません。
ただし、再会した大紀のことは世界一大切に思っているのです。どこを読んでも、藤原は大紀のことしか考えていない!一貫しているのが男前。

一方の大紀は、自分の外見が小柄で、持ち物も同様に小柄なことをコンプレックスに感じていたりします。過去に女の子と付き合ったことでいっそう強く意識しているので、藤原に男女交際をオススメできるほどの経験もなく。
しかし、頼まれ事は断れない大紀は、彼女を作るよう藤原を説得します。
すると、DTなうえに潔癖症の藤原は、自分はこれまで性的接触をしたことがないからその良さがわからないのだと言い出し、ためしに「この手で俺の○○を握って扱いてくれないか」とお願いしてきます。
頼まれ事は断らない大紀は、困りながらもそのムチャ振りに応じてしまうことに。

おまえらは中学生か!?という残念なオトナ二人です。愛に目覚めたかもですが、それ以前にHに目覚めて夢中になっちゃったんですよね。
だんだんさわりっこからエスカレートしていく様子がエロなんだけど、妙にかわいいところがあるのがツボ!
それに、はじまりは身体の関係だったとしても、潔癖症の藤原が大紀にさわれたっていうのは愛だと思うし、大紀がそんな彼の無茶な要求を許してしまえるのはやっぱり愛があるからなんだと、はっきり伝わってくるのがいいんですよね。

最後はアホらしいくらい甘々のバカップルに成り下がっていて、周囲や同僚の徳竹の反応がまた微妙だったりするところが笑えます。
藤原、大紀とその他では態度が極端に違うんです。柱の陰からこっそり見つめるというイケメンらしからぬ行動に大爆笑でした。
そして、ドキドキきゅんきゅんなエロにも赤面しながら大満足。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2013年01月05日

初読みの作家さん。エロくてかわいくてバカバカしいお話だった。
読んでて思わずニヤリとしちゃうような。
童貞×ほぼ童貞が覚えたてのサルみたいになっちゃう、みたいな。
軽いトーンのラブコメで読みやすいし、攻の藤原がかっこいいのに何だかちょっと残念な人でおもしろい。
笑えておもしろいんだけど、個人的な萌え...続きを読むポイントとは大きく違う気がする。
ストーリーの大半を占めるエロ描写の表現とか合間の攻のセリフいちいち…とか、あんまり好みではなかったな。
でも、こういう、いい意味でバカバカしい話ってたまに読みたくなる。
『僕らの三つ巴戦争』的立ち位置かもしれません。
『この手で俺の〇〇を握って扱いてくれないか』っちゅう帯文句にドン引きしない方なら、普通に楽しめると思います。

このレビューは参考になりましたか?