【感想・ネタバレ】仄暗い水の底から(30件)のレビュー

レビュー

Posted by ブクログ 2013年03月09日

「漂流船」この話が超こわい!今まで読んだホラーの中で一番怖い!
あらすじはというと…
漂流する豪華客船を発見。
無人の船内なんだかおかしい。
航海日誌を読むと。。。。ええええええこわい!

じわじわこわい!きもちわるーーーーーーー!

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2012年02月07日

水の信憑性とか不気味さを見せてくれるような非常に不気味な、一冊の本は分厚いんだけど、一つ30ページくらいの話が十くらい収録されている。ホラー小説だから幽霊を思わせる何かは登場しているのだけど、ある意味本当に怖いのはそれではなくて水が持つ性質なのだ、みたいな。最初の話「浮遊する水」なんてのはまさしくそ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2010年08月13日

短編集。「浮遊する水」「漂流船」はなかなか怖かった。一番よかったのは「海に沈む森」ホラーとはまた違うジャンルの作品ですが、とても感動的な話です。他の収録作品もハズレなしで読んでよかったと思いました。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2010年02月02日

ホラー小説にしては珍しく、繰り返し読みたくなります。「海に沈む森」が特にすき。夏の海とか川とか、貯水タンクのナマっぽい『水』の匂いが漂ってくるような短編集。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2008年09月07日

 ホラー。短編集。「リング」「らせん」等々の作者。

「浮遊する水」はよく聞く都市伝説の。馴染み深いやつ。(マンションの貯水槽に云々)

 無夜一番の気に入りは、「漂流船」かな。
 うーん。これっと言い切るのは難しい。ちょっとわからない。一番、化け物の存在感があるのがこれだから。

「海に沈む森」は...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2007年11月29日

現代の都市怪談のお手本のような作品。水をテーマにしたホラー短編集ですが、どの話も読者を引き込む文章、ストーリー構成のうまさがあります。「リング」のような背筋がぞくっとするような話や、どんでん返しのある話、泣けてしまうような切なく感動する話もあり、話の幅の広さを感じました。これはマジでおすすめです。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2006年11月01日

ホラーなんですけど、恐いというよりは切なかったり、哀しかったり、胸が締め付けられる作品ばかり。上手いなぁって思いましたですよ。森に沈む海など、涙なくして読めません。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2012年01月04日

リングやらせんが流行っていた頃、なんで人がお金を出して怖い思いをしたがるのか全く理解できませんでしたが(笑)小説を読むとホラーでもなんでもなくて、人間そして家族を描いています。面白かった。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2011年08月16日

鈴木光司のホラー短編。
映画化もされている。
高校のとき読んだと思うが、まあまあだった記憶。
ただリングシリーズと比べる見劣り感は否めない。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2011年05月08日

東京湾をテーマにした七つの話を掲載した短編集.
同名の映画のベースとなっている短編も含まれています.

どの編も想像力を掻き立て,ふと寒気を感じさせる上手な文章で読者をひきつけ,楽しむことができると思います.
質感であるとか,空気であるとかを感じさせ,直接的でない怖さを感じさせてくれます.

おスス...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2011年01月21日

読み終わった後、映画化された。やっぱり映像でいきなり見るより、活字から自分のイメージを広げる法が、恐怖感が膨らむ。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2010年04月28日

表題作はなかなか怖い。実際の生活に根差した部分で起きる怪異の表現が大変気持ち悪く、風呂に入る前はちょっと読めないw
全体的な本の雰囲気はあまり好きではないんだけど、「海に沈む森」だけはとても好き。
唯一、救われたような気分になる話だと思う。
このお話が収録されているという点だけで☆4つ。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2009年07月20日

映画化されたホラー映画の小説版ですが、この本には映画の元ネタとなった”浮遊する水”という作品以外にもいくつかの短編作品が収録されています。その中でも私は”孤島”という作品が印象的でした。この話を読むと、人間にとって一番の”幸せ”というものは何なのだろうと考えさせられました。人は自分が死ぬまでに何か遺...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年08月02日

水をテーマにしたホラー短編集。東京湾とか、夢の島とか、関東周辺に住んでる人はリアルな情景と重ね合わせて色々思ったりする作品なんだろうか。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2014年09月23日

私のは表紙の女の子、こっち向いてない。水が関係する、ゾクっとする話。風呂入りながら読んでしまったが、海じゃないから大丈夫、水のためのタンク、うちは上にないから大丈夫、といちいち思った。恨みだよね、きっと。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2014年09月15日

あの「リング」の鈴木光司の本なので、「きっとホラーなのだろう恐ろしいのだろう読むのヤーメタ」というのは非常に勿体ない、水にまつわる短編及び連作短編集。「仄暗い水の底から」というホラー映画があるものだから、余計敬遠する人がいそうなのが残念(ちなみに、同名映画はこの本に収録されている「浮遊する水」という...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2012年11月04日

 鈴木光司のホラー短編集。
 おれにとっては『エッジ』に続いて2冊目の鈴木光司、というか小説自体あまり読まないので、ホラー小説2冊目。今住んでいる所が多摩川の近くで、職場は三浦半島なので、なんとなく大田区とか観音崎とか、小説の舞台となるところに親しみが湧いた。ほとんどの作品が、その先どうなるんだろう...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2011年09月21日

いや、だから水は怖いんだって。
7つの短編小説が1冊にまとまった本。
もう本当に頭ん中で想像しちゃう。

ヨットが急に走行不能になり、何かがからまっている、子供の靴が流れてくる・・・
中にもぐってからまっているものをとろうとするが・・・・
って言ったら・・もう言わなくても分かりますよね。

怖い怖い...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2011年06月22日

短編のホラー小説が何話か入っている。
ちょっと怖いのもあればそれほどでも・・・というのもあって、全体的にはリングほどの印象はなかった。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2011年05月16日

リングシリーズすごい感動したから、というかむしろ人生のベストいくつかには入るくらい衝撃だったから、むちゃむっちゃ期待して読んで見事に裏切られましたわ。

①作り話設定
②短編集
③怖いというか、言うならばきもい。水死系。

自分実はグロ耐性あるのかな、全然ホラーじゃなかったよ。
やっぱり短編でホラー...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?