仄暗い水の底から
  • 値引き

仄暗い水の底から

作者名 :
値引き価格 408円 (税込) 5月30日まで
通常価格 583円 (税込)
獲得ポイント

2pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

巨大都市の欲望を呑みつくす圧倒的な〈水たまり〉東京湾。ゴミ、汚物、夢、憎悪……あらゆる残骸が堆積する湾岸の〈埋立地〉。この不安定な領域に浮かんでは消えていく不可思議な出来事。実は皆が知っているのだ……海が邪悪を胎んでしまったことを。「リング」「らせん」「ループ」の著者が筆力を尽くし、恐怖と感動を呼ぶカルトホラーの傑作。

ジャンル
出版社
KADOKAWA / 角川書店
掲載誌・レーベル
角川ホラー文庫
電子版発売日
2012年08月03日
コンテンツ形式
EPUB

「仄暗い水の底から」のユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2013年03月09日

「漂流船」この話が超こわい!今まで読んだホラーの中で一番怖い!
あらすじはというと…
漂流する豪華客船を発見。
無人の船内なんだかおかしい。
航海日誌を読むと。。。。ええええええこわい!

じわじわこわい!きもちわるーーーーーーー!

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2012年02月07日

水の信憑性とか不気味さを見せてくれるような非常に不気味な、一冊の本は分厚いんだけど、一つ30ページくらいの話が十くらい収録されている。ホラー小説だから幽霊を思わせる何かは登場しているのだけど、ある意味本当に怖いのはそれではなくて水が持つ性質なのだ、みたいな。最初の話「浮遊する水」なんてのはまさしくそ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2010年08月13日

短編集。「浮遊する水」「漂流船」はなかなか怖かった。一番よかったのは「海に沈む森」ホラーとはまた違うジャンルの作品ですが、とても感動的な話です。他の収録作品もハズレなしで読んでよかったと思いました。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2010年02月02日

ホラー小説にしては珍しく、繰り返し読みたくなります。「海に沈む森」が特にすき。夏の海とか川とか、貯水タンクのナマっぽい『水』の匂いが漂ってくるような短編集。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2008年09月07日

 ホラー。短編集。「リング」「らせん」等々の作者。

「浮遊する水」はよく聞く都市伝説の。馴染み深いやつ。(マンションの貯水槽に云々)

 無夜一番の気に入りは、「漂流船」かな。
 うーん。これっと言い切るのは難しい。ちょっとわからない。一番、化け物の存在感があるのがこれだから。

「海に沈む森」は...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

「仄暗い水の底から」に関連する特集・キャンペーン

漫画やラノベ 1冊まるごと無料!

今日読めるのは13,646

1冊まるごと無料で読める作品を常時配信中!人気作品が毎週追加!