【感想・ネタバレ】仕事とセックスのあいだのレビュー

ユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2017年03月02日

この本はもう、10年ほど前に発行された本だが、問題として取り上げられているセックスレスについては、現在でも全く変化がないように思える。また、少子化についても、さらに深刻さを増している。政府も一向に女性のはたきやすい職場改革や、子供が多くいる世帯の優遇などの事を考えているようには思えない。改めて、この...続きを読む国ってなんなんだろうって思った本であった。セックスと仕事に相関性を求めた本書は面白い内容であった。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2015年10月21日

玄田さんは学者として正当。齋藤さんはジャーナリストとして、刺激的。結論はありきたりだけど、フランスはスゴイな。自分はやっていけないかな。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2011年06月06日

[ 内容 ]
夫婦は何がきっかけでセックスレスになるのか。
正社員か否か、所得の違いや仕事のストレスはどう関係するのか。
気鋭の経済学者が、日仏両国で「セックス」を精力的に取材するジャーナリストと強力タッグを組み、働く男女の性生活に迫る。
『AERA』が20~50代の男女800人に行った本邦初「仕事...続きを読むとセックス」意識調査の徹底分析とルポで、日本社会を蝕む男女問題、少子化問題の核心を突く問題作。

[ 目次 ]
第1章 セックスレスの実態
第2章 世界一セクシーな国の女性労働者
第3章 仕事とセックスレス
第4章 ヒト・フェロモンと職場の関係
第5章 セックスレスの再検証
第6章 負け犬とワーク・ライフ・バランス
第7章 変わりゆく職場で

[ POP ]


[ おすすめ度 ]

☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
☆☆☆☆☆☆☆ 文章
☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
共感度(空振り三振・一部・参った!)
読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

[ 関連図書 ]


[ 参考となる書評 ]

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2011年04月24日

日本のセックスレスにおける問題を世界の国と比較し、その原因たるものを真面目に語っている本。そこには男性の主に仕事に対する影響が反映されているという実態。いずれにしても寂しいですよね。日本女性の多くは口では言わずとも、もっともっと男に抱かれたがっております。ただ、男の本音は、一人の女性を長年抱き続ける...続きを読む、のではなく、沢山の女を抱きたい、ということなんですけどね。。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2014年04月12日

仕事とセックス(主に子作り)の狭間でどの様な現状があり、どう乗り越えていくかを提案する一冊。

データが豊富にあり、その点は面白いけど、主に女性向けの話なので、単にセックスそのものに興味がある御仁にとっては?

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2012年09月29日

・若者は仕事で挫折するとセックスレス率が上がる。

・女性は一人目の出産で生命の危機を迎え、それを処理しきれずセックスレスになる傾向がある。

・レックスレス率が最も低いフランスは浮気率も低い。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2011年05月01日

AERAの「セックス調査」結果から、収入とセックス。職場環境とセックス。女性の社会進出など多岐にわたる考察を行う共著  

【セックス】という切り口が面白いです

収入が多くなるとセックス以外の余暇が増えるためかセックスの頻度は減るそう。  また、2組に1組の夫婦はセックスレスですが、理由は「忙しい...続きを読む」が多いそうです。 まぁ仕事帰りにはキツイっすね

多角的にデータを見る面白さがわかったかな


(豆知識ですが、男性の腋の汗の匂いは女性を惹くらしいっすよ)

このレビューは参考になりましたか?