【感想・ネタバレ】新聞は生き残れるかのレビュー

ユーザーレビュー

ネタバレ

Posted by ブクログ 2011年04月24日

[ 内容 ]
いま、新聞は深刻な危機を迎えている。
若者には背を向けられ、読者の不信・批判は高まり、インターネット時代への対応策もつかみえていない。
困難の底流に何があり、活路はどこにあるのか。
朝日新聞での長い記者活動・経営経験をふまえ、人びとの生活や価値観・メディア観の変化を見すえつつ、広く期待...続きを読むされ信頼される新聞への道を考える。

[ 目次 ]
第1章 浮き沈みの末に―新聞の昨日(新聞の黄金期と高度成長 新聞の曲がり角と保守回帰 新聞離れと若者の生活 政治面主導型の弊害)
第2章 変化にたじろぐ―新聞のいま(「人権」の反乱 「表現の自由」絶対論の後退 「平等」幻想の崩壊 「権力」観の変貌 様変わりする記者意識 新聞倫理綱領の制定とその後)
第3章 生き抜くために―新聞の明日(二一世紀前半の日本と新聞 ネット時代に及び腰の新聞 ネット報道の強さと弱さ 問われる新聞の「常識」 明日の新聞)
補章 二一世紀の「戦争」と新聞

[ POP ]


[ おすすめ度 ]

☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
☆☆☆☆☆☆☆ 文章
☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
共感度(空振り三振・一部・参った!)
読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

[ 関連図書 ]


[ 参考となる書評 ]

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2009年10月04日

新聞はどのように売れてきてというところから、苦境を迎えている今に至るまで分析されている。今後の対策などは参考になる。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2009年10月04日

新聞、もっと頑張んないとやばいぞー!!!って本です。

新聞は
ぶ厚すぎると思う。
→どっから読めばいいかわからん・・・ってなるのでは??
めっちゃ薄い新聞とか売ってくれたらいいのに。
それはそれで個性だし、整理部の人のセンスが表れたいい読み物になると思うけどな。

そして、もっと新聞と触れ合う機会...続きを読むを増やすべき!
なんで新聞社がもっとNIE(新聞を教育現場で扱う取組み)に力を入れないのだろう?
小さい時に、新聞てすごい!と思わせることってすっごく大切だと思う。
マクドナルドを子供の時に食べさせ、大人になってからもやめられなくしているって聞いたことがある。
それと同じで、新聞も小さい時に親しませれば、なくてはならないものなんだ!って意識を植えることができるのに。

あとは、大学生に購読料を割引して読ませたり、会社で契約させたり・・・
新聞社にはもっと「日本の知を支えるのは俺らだ!」くらいの覚悟をもって、新聞を衰退させない努力をしてほしい。
いくらいい文章を書いたって、いくら伝えたい思いがあっても、読者がいなければ意味がないのだ。

このレビューは参考になりましたか?