【感想・ネタバレ】人を動かす! 話す技術のレビュー

価格 640円 (税込)
3.8
6件

ユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2013年11月08日

コミュニケーションの技術と聞くと改まった感じがするが、実は人と人の付き合い方の基本をおさらいするもの。た自分の解放領域を広げること、つまりは自分の懐を開いて相手との信頼関係を築く、なんてどの時代も言われてきたのに実践するのはいつも難しい点ではないか。忘れそうになっら読み返したい本。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年08月07日

精神論、姿勢の話ではなく、具体的なノウハウを教えてくれるのがありがたい。自己流でプレゼンや、インストラクターをやっていた自分には基礎を見直す最適な教科書。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2010年10月10日

コミュニケーションの目的が明確になった。 すなわち相手に自分の思った行動をとってもらうこと。 確かにそのとおりで、長い時間かけて仕事のパートナー、部下に説明することも最終的には自分の思い描く行動を相手にとってもらうことにあり。
もちろん、相互の情報交換の中で自分の期待する行動は変更することも多々ある...続きを読むだろうが、コミュニケーションの目的をシンプルに言い表していると思った。

KISS Keep it Simple Specific はどちらが先か分からないものの、ずっとKeep it Simple Stupid と思っていた。 

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2010年03月09日

■第一章:この世はすべてプレゼンテーション

日本人がプレゼンが下手な最大の理由は、練習不足。

どんな時にもユーモアのセンスを忘れず、気負いを捨てること。つまり、自分自身を全面に出す。

正直に自分の気持ちを相手に伝えることをいつも心がけていれば、周囲に誤解を与える事も少なくなる。

自己紹介はプ...続きを読むレゼンテーションの基本。しかしありふれた内容をただ淡々としゃべるだけでは意味がない。自己をPRするには何をどう話すのがよいか、という視点から話す内容を考えよう。
『実は私は…』という言葉から自己紹介をしてみよう。

自己PRをする際に重要な、『絶対他人には負けない』という趣味や特徴を持つことは、自分の人生に自信を持つ上でも大切。


■第二章:コミュニケーションの達人になる

コミュニケーションとは、『メッセージと意味を伝える』こと。そしてその最終目標は、『相手にアクションをとってもらう』こと。(プレゼンテーションとほぼ同義)

相手にアクションを取ってもらうのが目的であって、自分の言いたいことだけ好き勝手に言うのが目的ではない。

コミュニケーションの種別
①コントロールド・コミュニケーション
②オンライン・コミュニケーション
③対面コミュニケーション
④媒体を使ったコミュニケーション

他人の話を集中して聞けるアテンション・スパンはせいぜい10分程度。集中が途切れると、相手は他のことを考え始めてしまったりする(space out)。

コミュニケーションは『量=質』ではない。たくさん話せばいい、というものではない。

人は見たいものしか見ない。また、先入観が邪魔をすることもある。活字なら誰が読んでも同じように受け取るかなんて、全然分からない。

コミュニケーションのプロセスには以下の四要素がある
①source
②message
③channel
④receiver

そのプロセスそれぞれでノイズが入る。
①態度
②内容の不備
③五感
④態度、聞く・考える努力の欠如
それ以外にも、知識の差、言葉の解釈の違い、既成概念、思い込みもノイズになりうる。このノイズを生まないような配慮が必要。

誤解を与えず正しくメッセージを伝えるには、日頃からできるだけ本音ベースでコミュニケーションを心掛ける。

コミュニケーションの基本ルールは『KISS(Keep it Simple and Specific):シンプルに、かつ具体的に』。

ポイントは三つか四つまでに絞る。

上司の批判だけにとどまらず、具体的な提案を行う努力。

ジョハリの窓の『開放領域』を広げて、コミュニケーションを容易にしよう。


■第三章:説得力を生むコミュニケーション術

説得力の要素は『エトス(ethics/態度、印象)』『パトス(フィーリング、感情)』『ロゴス(ロジック、メッセージ)』。

第一印象は、初期エトスに大きく影響を与える。現実問題として、その人の価値は、着ているものによって大きく左右される。服装で自尊心を鼓舞し、自分に自信を持たせる、という面もある。

その他、能力、信頼性、ダイナミズム(情熱やエネルギー)がある。


■第四章:人を動かす!プレゼン術

プレゼン時の『M/メッセージ』は、三つのパートに分けて考える。『導入部』『ボディー』『結び』。

導入部では、言いたいことの要旨を短く述べる。自分の頭の中を整理するだけでなく、相手の理解も促す。

ボディーでは、ポイントを絞って、かつ平易な言葉遣いで伝える。

最後の結びは、何を言ったのかを確実に繰り返して伝える。

プレゼン現場には早めに行くとか事前に情報収集するなど、準備を怠らないこと。できれば実際に下見するのがベスト。これで当日の心理が大きく変わる。

生まれながらにしてプレゼンのうまい人はいない。一般に『うまい』と言われている人は、それだけ経験を積んできている。リハーサルを怠らないように。

成功とは行動を起こすことであり、願うことではない。

プレゼン評価基準
有用性
興味
話しぶり
逸話
ビジュアル
メッセージ
数字
制限時間
出だし
結び
論理
準備

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年09月17日

著者のラジオ講座は、かなり前によく聞いていた。歯切れのよい話し方に、ついつい引き込まれた記憶がある。「きく」「聞く」「聴く」に加えて「効く」とは、納得。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2010年11月08日

プレゼンの目的とは何か。

それは人を動かすことである。

どんなに感動的なプレゼンをしてもそれによって相手が動かなければ意味はない。

目的意識の重要性を再確認した1冊でした。

何回か読みます。

このレビューは参考になりましたか?