【感想・ネタバレ】人は「見た目」でこう判断される!のレビュー

ユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2014年02月15日

日頃の細かい仕草や、喋り方など
分かりやすく書いています。
読みながら、
「自分のこういうところは良いな〜」
「ここは直さないとな〜」
と考えさせてくれる指南書みたいな
感じです。
自分を客観的に見れる本です。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2009年11月24日

だからといって「断定」できませんが、
あながち間違ってないかなぁ…という感想。

雑学占い?的に、ささっと飛ばし読みしてしまいました。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2009年10月04日

【要旨】
 顔、表情、服装、動作、話し方、立ち居振る舞い・・・・・・人は相手の「見た目」から、その人がどんな人なのかを短時間(あるいは一瞬)のうちに判断します。「人は見た目より中身が大切」というが、実際には人と人とのコミュニケーションにおいて、「外見」ほど重要な役割を担っているものはない。「見た目...続きを読む」(外見)を整え、センスを磨く必要性がある。

【感想】
 本書は外見や所作などから、「人にどのように見られているか」について列挙している。その中で、いろいろなテクニックを織り交ぜているが、雑誌のコラムをまとめたような、まとまりの無い本で読みにくかった。
 本書を読んで思ったことは、自分を客観的に見て、「人からどのように見られているのか」考える必要があるということ。それだけ気づけただけでもよかったと思う。

【目次】
第1章 あなたは“ここ”を見られている!
第2章 こんなところで“品位”が問われる
第3章 信頼される人、信頼されない人
第4章 「できる人」「モテる人」はここが違う
第5章 だからこの人は、一目置かれている!

このレビューは参考になりましたか?