【感想・ネタバレ】ケンカ哲学のレビュー

ユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2009年10月04日

 「あの」糸山英太郎氏は、想像以上にタフな人だった。人としての評価はともかく、幼少期からの彼のケンカの歴史は確かに面白い。
 『これだと思った人間については、あらゆる人脈、あらゆる手口を使って徹底して調べる』、『タイミングを見て、ハッタリや無理難題をふっかけて、“コイツは何を考えているんだ”“おかし...続きを読むいんじゃないか”と思わせることも有効な戦術』など、文字通り彼のケンカのやり方が得々と書かれている。
 それにしても糸山氏というのは、物凄く執念深い人だ。ご本人も『執念は最後まで失うな!』と言っているが。

このレビューは参考になりましたか?