【感想・ネタバレ】なぜロジカルな人はメンタルが強いのか? 現代最強雀士が教える確率思考のレビュー

ユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

Posted by ブクログ 2021年11月03日

メリットとデメリットの根拠をできるだけたくさん考え、両方あり得ることを知った上で取ったアクションならば、デメリットのほうの結果が現れたとしても、それは想定内なので動揺する事はありません
◼️勝ちたい気持ちが強すぎると力が入り過ぎるので、メンタルを健全に保つには逆効果。完璧主義は敵である。

発生する...続きを読む確率が高い事象、低い事象と言うものは存在します。また時によって発生する確率の低い事象が繰り返し起こることもあります。しかしこれは結果の偏りであって確率の偏りではありません
◼️全部勝てるわけでは無いのが麻雀であり、デイトレード

確率は、誰にでも公平で絶対的なものです。期待や願望と言う色眼鏡で見てはいけません

良いことも、悪いことも、すべては一定の確率で起こります。悪いことが起こるのも想定内なのですから、それが起こったときにどうすべきか事前に考えておくべきでしょう。それが準備です。
◼️損切りをどこでするか、そしてその約束を必ず守る事を常に強く考える

麻雀に限らず日々の行動においてもなぜ「私はそれをするのか?」「本当にそれをして良かったのか?」と自問する習慣は、持っていて損はないと思います。

◼️デイトレードにも本当に役に立つ本。トレーダーは必ず読んでほしい

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2021年11月09日

確率というところを好むというところで面白かったです。サイボーグの異名の意味も分かると。

僕は麻雀もMリーグも知らずというところで、純粋なメンタルに対しての興味で読んでみました。
そういう意味では著者の考え方が出ていてそれは評価できるかなと。

一方で、確率に対する考え方は、ではその戸惑う状況でどう...続きを読む判断するかは、かなり感覚的とも言えるわけです。例えば、ある牌を捨てるかどうか。それってカンではないわけで、計算した手とか、相手の持ち牌があるからなんでしょうが、確率で毎回出すかというところになると。実際にそういう一手もですが、どちらかというと全体、つまりゲームの勝敗や点数について大局観を持つという印象で捉えました。

いじわるかもですが、そもそも負け越す相手であれば、例えば、75%負けてるなら勝率は25%だから、4回に1回勝てればいいと。その場合負けても3回までは負けても「確率」通りです。ただ、では勝ちたいという「焦り」によってどうにもならないということにもなるかなと。

つまり、確率は冷静さ、論理さは生まれるのですが、そこから熱量とか、好きとか、興味とかって(数学や確率自体の興味は別)なかなか持ちづらいのかなと、僕は感じました。

メンタルの部分で確率を出してそれによって安定できる、メンタルの振れ幅を小さくなるという主張だと解釈すればかなり同意です。一方で、この確率思考をしていくと実際はそれだけではないはずです、最適化みたいなことになっていって、全て同じ打ち方になると。それを踏まえた上でというならありですが、実際は確率的に考えることでメンタルが安定できる。

しかし、実際は確率的なだけではないとも思ったわけです。麻雀で例えないなら野球の話となってしまうので、著者の引き出しや見せ方がもっと違えば印象は変わったかもしれません。そこは課題感を感じました。

テーマとして、プロ雀士も含めて確率的に考えないからメンタルが安定しないというのはなるほどと感じました。では、なぜそうでないかというと、心理や性格もあって、そこは克服できないし、トレーニングがいるのではないかなと。トレーニングやさらに解像度が高い話を期待しつつというところですね。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2021年10月20日

繊細 傷つきやすくてもメンタル強くなれる
図太いタイプと論理的タイプ 繊細でも論理的タイプになればOK
いつでも因果関係を考える
毎回 選択を積み重ねる
完全はない 確率が高い方を選び確率が上げるにはどうするか考える

このレビューは参考になりましたか?

「ビジネス・経済」ランキング