【感想・ネタバレ】一枝の桜 日本人とはなにかのレビュー

ユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2016年06月20日

1962年から68年までプラウダの特派員として日本に在住した著者のすばらしい日本人論、日本社会論だ。
ソ連と言う国の人間ではあるが、まったく、そんなことを感じさせない日本人・日本社会を分析・評論したものです。
コミュニストのものさしで日本を分析しているのもいい意味で納得できる。戦後、アメリカ追従の日...続きを読む本社会の矛盾もしっかり指摘されていて、好感がもてました。
日本人が読んでもいいし、ロシア人が読んでもいいし、全世界の人々に読んで欲しい本だと思いました。
現代日本社会で失われてしまった風習も懐かしい感じで読めました(笑)。

このレビューは参考になりましたか?