ふくべあきひろのレビュー一覧

  • いちにちおもちゃ
    一日おもちゃになったら…

    幼稚園の先生おすすめ絵本★

    いろんなおもちゃに変身して、
    おもちゃの大変さを実感!

    物を大切にすることやありがたみがわかる絵本。
    絵もユニークで楽しいです。

    ちゃんとお片付けしようね。で終わるので、
    お片付けをしない時にも効果的!
  • かぶとむしランドセル
    絵本の世界でかぶとむしがしゃべる、というだけでなら普通かもしれませんが、このかぶとむし、なんとランドセルなんです。どういうセンスか、買ってくれたおじいちゃんが気になります。悪い意味で目立ってしまい、最初は嫌がっていた男の子。でもかぶとむしが助けに来てくれて、ふたりは仲直り。かむとむしランドセルで空を...続きを読む
  • いちにちのりもの
    3歳7ヶ月男児。再読。
    スピードが早過ぎてブルブルなっている新幹線や、お芋を食べてブーっと発車するロケット。
    この「いちにち」シリーズは、たまに思い出してまた読みたいと言うお気に入り。
  • いちにちじごく
    3歳2ヶ月男児。
    閻魔大王怖し。
    小さい子には意地悪しないでいつも優しくしてるよねー、と自信満々。
    ご飯の途中で遊ぶと、は心当たりがあるらしく、竜にびびっていた。その割に効果ないなー…。
  • いちにちおばけ
    3歳2ヵ月男児。
    メデューサの話と雪女の話でオオウケ。
    からかさおばけとろくろくびという言葉を覚えた。
  • かぶとむしランドセル
    ムチャクチャ面白かった。

    お殿様で大爆笑!
    どういう発想でカブトムシランドセルなんて思いつくんだろう?

    黒光り?

    スゴイ!
  • いちにちこんちゅう
    ごくふつうの男の子がいろいろなこんちゅうにいちにちなります。こんちゅうになると、いろいろとできごとがおこっておもしろいです。
  • かぶとむしランドセル
    自分の時代は男の子のは黒のランドセルで女の子は赤のランドセルというのが当たり前でした。

    今は本当に多くのカラーがあり、とても驚かされます。

    でも、この作品のランドセルは、もっと驚かされます。

    だって祖父ちゃんが用意してくれたランドセルがカブトムシなんですもん。(笑)

    こういう発想って素晴らし...続きを読む
  • いちにちどうぶつ
    「いちにちおもちゃ」の動物編。
    前作同様、絵の素晴らしさは文句のつけようがない。
    でも、この動物編はオチが良かった。
    檻の向こう側に見える人間の方が「よっぽど おもしろいよ」と言うゴリラ。
    そして「ヒト」の図鑑にある説明書き。
    一番身近で、一番よくわからないいきもの。
    確かに!
  • いちにちのりもの
    「いちにちおもちゃ」の乗り物編。
    やはり絵が秀逸。
    三輪車のプリケツ、おならのロケット、ナドナド最高。
    「いちにち でんしゃ!」も好きだった。
  • かぶとむしランドセル
    おじいちゃんから貰ったランドセルはかぶとむしだった話。

    本当に「かぶとむし」だったのには笑った。
    面白い。
    すごく怖い担任の先生とか、物事に動じないママとか、漫画チックだけど、絵本でなら楽しめる。
    最後のオチも、なかなかユニーク。
    子どもにも大ウケでした。
  • いちにちぶんぼうぐ
    初めてこの絵本を読んだときの衝撃といったらっ!!!
    「もしぼくがクリップになったら…」「鉛筆削りになったら…」と、次から次へと変身して文房具の気持ちを考える主人公!
    「こんな発想あるんかっ?!」と思わず噴出しちゃいました。
  • いちにちおもちゃ
    「いちにちぶんぼうぐ」に次ぐ第二弾は「いちにちおもちゃ」!今回も抱腹絶倒。「ほんと、おもちゃも色々大変なのね~」と、笑っちゃいけないのかもしれないけど思わずプププ・・・とこぼれちゃいます。
  • かぶとむしランドセル
    おおのファンです。みっちゃんの部屋にさりげなくおおのさんの絵本らしきものが置いてあるところにたまらなくグッと来ちゃいました。
  • いちにちおもちゃ
    頁をめくる前に、予想がつくけど・・・笑ってしまいました!!

    カスタネットが、ツボです!!

    絵がまた最高!
  • いちにちおもちゃ
    男の子がおもちゃになってみる絵本。
    とにかく面白い。
    絵のインパクトがすごい。
    「カスタネット」は最高でした。
    4歳の息子、大うけ。
    中表紙の「でんでんだいこ」も良かったです。
  • いちにちのりもの
    「いちにちぶんぼうぐ」「いちにちおもちゃ」のシリーズ3冊目。
    大好きなのりものになってみたら・・・わ〜やっぱり、大変だぁ!
  • いちにちぶんぼうぐ
    「いちにちおもちゃ」といい、よく、こんな発想が…(-_-;)
    というぐらい、すごいです。
    物を大切にする教育にもってこいだと思います。
  • いちにちぶんぼうぐ
    文房具ってかっこいいなあ。いちにち文房具になってみよう!・・・って、本当にクリップやらメジャーやらそろばんやらになってみて、
    「文房具って大変だなあ。ぼくもしっかり勉強しよう」としめる。
    読み聞かせで大受け。
  • いちにちおもちゃ
    こんなの大好き!
    おもちゃって、楽しそう。1日おもちゃになってみよう。・・・って、クレヨンは頭が描くところ。けんだまではお尻にカンチョー。カスタネットは歯がカタカタカタカタ。
    最後、おもちゃって大変だなあ。遊んだら、ちゃんと片付けようってのも、小さい子むけとして、意識して作られてる?