病理医が明かす 死因のホント

病理医が明かす 死因のホント

作者名 :
通常価格 990円 (900円+税)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

がん患者はがんでは死なない。実は医者もよくわからない老衰死。高齢者の肺炎はなぜ怖いのか。コロナ禍で「死因不明社会」が加速する--。累計ページビュー1000万を超す人気コラムを加筆、新書化。

○超高齢社会で人の死は日常のものになってきているが、病院死が大半となり、人の死を直接見る機会は減っている。人はどのように死んでいくのか、普通の人はよくわからず、必要以上に死を怖がる人もいるだろう。

〇一方、コロナの蔓延で、死因特定のための病理解剖、司法解剖が激減する傾向にある。一部で指摘されていた「死因不明社会」が加速しはじめているのである。

○本書は、病理専門医として100体以上を解剖した経験をふまえ、人が亡くなるまでのプロセスを解説するもの。世間の関心を集めた著名人の事例を随所に盛り込む。

○著者は2020年にフリーランス病理医として独立、医療ウオッチャーとしても情報発信を行っている。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
学術・語学 / 医学
出版社
日経BP
掲載誌・レーベル
日経プレミアシリーズ
ページ数
256ページ
電子版発売日
2021年05月11日
紙の本の発売
2021年05月
サイズ(目安)
1MB

病理医が明かす 死因のホント のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2021年06月04日

    病気で亡くなった人の訃報には、癌や肺炎などの病名が死因として載っているが、実際の直接的な死因とはどのようなものが考えられるのかという病理学的な考察の書。これを解明するのが、あまり馴染みがなく、人数も少ない病理医の仕事らしい。そのため、初めに病理医についての説明に一章が割かれていて、その後に、様々な症...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

日経プレミアシリーズ の最新刊

無料で読める 学術・語学

学術・語学 ランキング