完本 密命 巻之二十六 晩節 終の一刀
  • 最新刊

完本 密命 巻之二十六 晩節 終の一刀

作者名 :
通常価格 730円 (664円+税)
獲得ポイント

3pt

-
    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

【カドカワ祭ゴールデン2021 開催中!】マンガ・書籍6,000冊以上が最大50%OFF!期間限定・1巻無料作品も多数配信中★

作品内容

上覧剣術大試合のあと、惣三郎は家族に会わぬまま、ふたたび姿を消した。
あれから5年、大目付に任ぜられた清之助は、親子二代にわたる因縁を断つため、吉宗の重大な命を帯びて尾張へ向かう。

驚きの謎が明かされる最終巻。

*この電子書籍は祥伝社文庫から刊行された「完本 密命」を底本としています。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
歴史・時代 / 歴史・時代小説
出版社
文藝春秋
掲載誌・レーベル
文春e-Books
電子版発売日
2021年04月06日
サイズ(目安)
1MB

完本 密命 巻之二十六 晩節 終の一刀 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

レビューがありません。

密命 のシリーズ作品 1~26巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~26件目 / 26件
  • 完本 密命 巻之一 見参! 寒月霞斬り
    佐伯泰英の時代小説第一作。すべてはここから始まった! 豊後相良藩二万石の徒士組・金杉惣三郎は、14年ぶりに江戸に入った。 何者かによって奪われた相良藩の蔵書の中に、幕府の怒りに触れるもの――切支丹本が混ざっていたという。事が明るみに出れば藩の取り潰しは免れない。 固い絆で結ばれた藩主・斎木高玖からの密命を帯び、真相を探るべく脱藩を装って、江戸での浪人生活をはじめる惣三郎。江戸の市...
  • 完本 密命 巻之二 弦月三十二人斬り
    切支丹本騒動から七年後。金杉惣三郎は相良藩の江戸留守居役に出世するものの、一緒に暮らすようになった子どもたちと向き合う時間がない。連れ添うつもりだったしのは、一言の相談もなく惣三郎の元から去ってしまっている。 そんなある日、月見の宴を楽しんでいた藩主正室の麻紀が謎の黒装束の一団に襲われ、かばった乳母が殺されてしまう。どうも八代将軍吉宗の出生の秘密をこの乳母が知っていたらしい...
  • 完本 密命 巻之三 残月無想斬り
    家族との平穏な暮らしを望む金杉惣三郎だったが、その剣の腕と人柄を買われ、惣三郎の身柄は八代将軍吉宗にうつされる。 そんな中、吉宗の側近が次々と暗殺される事件が起きる。妖刀「村正」を振るい、信玄公の昔より生きながらえているという老武芸者・石動奇嶽の仕業だった。 刀どころか鉄砲さえ通用しない難敵に、決死の覚悟で惣三郎が挑む! *この電子書籍は祥伝社文庫から刊行された「完本 密命」...
  • 完本 密命 巻之四 刺客 斬月剣
    ようやく拝領屋敷で家族そろっての暮らしがはじまったが、しのと娘みわの仲はうまくいかず、息子清之助は岡場所の出戻り女と心中騒動、肝心の惣三郎は酒浸りで、思い描いた暮らしとは程遠い。 親しい人々が家庭崩壊を心配するなか、惣三郎が何者かに襲われ、川に落ちて行方不明になってしまった。 惣三郎はまたしても吉宗を守るため、東海道を下りながら七人の刺客を迎え討つ! *この電子書籍は祥伝社文...
  • 完本 密命 巻之五 火頭 紅蓮剣
    大岡忠相の密偵役を辞退して半年。金杉惣三郎は、荒神屋の帳面付け仕事をしながら長屋での暮らしを楽しんでいた。 しの、みわ、結衣を伴って成田詣でをし、その足で清之助が修行に励んでいる鹿島を訪れ、家族の絆もますます強くなっている。 そんな折、大岡の町火消し再編で、惣三郎の友・芝鳶の辰吉が不当な因縁をつけられる。加えて押し込み先を皆殺しにし、戯れ歌を残す火付け盗賊が跋扈。捨ててはおけ...
  • 完本 密命 巻之六 兇刃 一期一殺
    め組の姉御お杏が、待望の男子を出産した。惣三郎らが駆けつけ、祝いの酒を酌み交わしている席に、相良藩江戸屋敷の留守居役が訪ねてきた。 話を聞くと、旧主・斎木高玖が伏せっており、高玖の側室に“隠れきりしたん”の疑いがかかっているというのだ。「余を助けてくれるか」と問う旧主に、「一命を賭して微力を尽くします」と答える惣三郎。 調べを進めると、お家騒動の先にまたしても幕閣の陰謀が渦巻き...
  • 完本 密命 巻之七 初陣 霜夜炎返し
    徳川吉宗の発案で武術を奨励するための剣術大会が催されることになった。金杉清之助の元にもこの試合の内容がもたらされ、道場の代表選抜の試合に向けて一日一食、睡眠時間も削って、無心に自らの剣の限界を突き詰める孤独な闘いをしていた。 父惣三郎から送られた新藤五綱光が丹精込めた刃と、葉月が手縫いした白鉢巻きを手に、清之助は試合にのぞむ。 *この電子書籍は祥伝社文庫から刊行された「完本...
  • 完本 密命 巻之八 悲恋 尾張柳生剣
    金杉惣三郎の愛娘みわは浪人者に取り囲まれ拉致されようとしていた。そこへ細身の若侍が現われ、みわの窮地を救い、名乗りもせずに姿を消した。握ったみわの手に香の匂いを残して……。 一方、惣三郎は尾張柳生の四天王から立て続けに襲撃を受ける。いわれなき襲撃に疲れ果てた惣三郎だが、柳生一門はその手を緩めることはない。 そんななか、みわは尾張柳生の策に籠絡されてしまう。愛娘の危機に、惣三郎が...
  • 完本 密命 巻之九 極意 御庭番斬殺
    父金杉惣三郎の剣に近づき、乗り越えんとして武者修行を続ける清之助。久方ぶりに故郷・豊後相良の番匠川で修行していた折、尾張柳生七人衆を名乗る刺客が現れ、「そなたら親子は尾張柳生の終生の敵」と襲いかかる。 一方、江戸では徳川吉宗の密命を受けた惣三郎が、行方を絶った御庭番の探索に乗り出す。その背後にはまたしても尾張の影が……。 *この電子書籍は祥伝社文庫から刊行された「完本 密命」...
  • 完本 密命 巻之十 遺恨 影ノ剣
    鹿島に「この人あり」と謳われた鹿島一刀流の達人・米津寛兵衛の訃報が金杉惣三郎へもたらされる。急ぎ鹿島へ向かうと、寛兵衛は影ノ流を名乗る謎の剣客と立ち合い、非業の死を遂げたのだった。 悲しみに暮れる間もなく、江戸にはたちの悪い火付けが横行し町を恐怖に陥れ、清之助と思いを寄せ合う葉月には強引な結婚話が持ち上がる。 その頃、四国八十八箇所の霊場を巡る清之助には尾張の刺客が現れる。そ...
  • 完本 密命 巻之十一 残夢 熊野秘法剣
    紀州藩下屋敷が火付けにあった。言うのも憚られるほど凄惨な殺戮が行われており、江戸町奉行・大岡忠相はやっきになって火付け一味の正体を暴こうとしていた。しかしまったく手がかりがつかめない。金杉惣三郎は将軍吉宗の命を受け、一味の探索にあたる。 殺戮からただ一人生き残った娘・鶴女は心を閉ざし、何も喋ろうとしない。惣三郎は鶴女の身柄を預かり、飛鳥山の菊屋敷で家族をあげて見守ることに。...
  • 完本 密命 巻之十二 乱雲 傀儡剣合わせ鏡
    享保八年秋、飛鳥山の菊屋敷は、棟方新左衛門と久村りくの結納を祝う宴で賑わっていた。ところが石見道場に新左衛門と夫婦になる約定を交わしたという女が現れる。花火の房之助親分らが極秘に探索に乗り出すと、女は意外な人物の妻だった。 一方、二十一歳になる清之助は身の丈六尺三寸、鍛え上げられた躰をもつ若武者に成長していた。紀州和歌山を発ち、大和街道を行く清之助は、不逞の黒装束の一団に取...
  • 完本 密命 巻之十三 追善 死の舞
    鹿島の米津寛兵衛の一周忌法要へ、鍾馗の昇平を筆頭にした石見道場の面々を引き連れて行くことにした金杉惣三郎。ところがその矢先、大岡忠相より探索の密命が下される。それは直参旗本の家督相続が絡む、奇怪極まりない事件だった。 一方清之助は新宮、伊勢、奈良を経て大和柳生の庄をたずねる。時が許す限り稽古をする同士と出会い、秘剣・霜夜炎返しを披露する。しかし尾張柳生の刺客はなおも清之助を...
  • 完本 密命 巻之十四 遠謀 血の絆
    惣三郎の次女結衣が姿を消した。結衣は堺町の芝居小屋へ入っていくところと、芝神明の宮地芝居の小屋から出てくるところを目撃されていた。結衣の持ち物から守り刀、着替え、金がなくなっていることから、家を出たことは確かなことのようだ。そして結衣が追っていった一座は尾張名古屋から来た一座らしい。惣三郎の胸に黒い不安が過る……。 結衣を追って尾張熱田へ急行する惣三郎。柳生にいる清之助も妹を...
  • 完本 密命 巻之十五 無刀 父子鷹
    清之助と結衣を伴い、大和柳生へ向かった惣三郎。清之助とともに親子で剣術を指導することになった。そんなある日八付草露と名乗る者が惣三郎へ立ち合いを申し込む。 「参りました」と惣三郎が八付に平伏、負けを認めたことで道場はざわつく。 父の行動を理解しようとする清之助だが、またもや尾張の刺客が親子を狙う! *この電子書籍は祥伝社文庫から刊行された「完本 密命」を底本としています。
  • 完本 密命 巻之十六 烏鷺 飛鳥山黒白
    享保十年早春、惣三郎と結衣がようやく江戸に帰ってきた。皆に薦められ、力丸を連れて一家水入らずで飛鳥山の菊屋敷で旅の疲れを癒やすことにした惣三郎。隠居暮らしのような穏やかな日々のなかで、自らの老後に思いをはせる。 近隣の「烏鷺荘」に引っ越してきた老人が、惣三郎を囲碁に誘うが……。 鍾馗の昇平が大活躍する16巻! *この電子書籍は祥伝社文庫から刊行された「完本 密命」を底本としていま...
  • 完本 密命 巻之十七 初心 闇参籠
    金杉清之助は若狭国小浜城下に到着した。敦賀へと向かう道中、騎馬軍団海天狗の乱暴狼藉を目の当たりにした清之助は、南次郎、たかとともに策を練り、南蛮兜の首領を船上の決闘で討ち果す。 鯖江城下から永平寺へと足を運んだ清之助は、「血と怨念に穢れた身を浄め、初心に戻りたくなるときがございます」と食を断ち、暗黒の岩穴に籠もる「三十三日闇参籠」に挑むのだった。 *この電子書籍は祥伝社文庫...
  • 完本 密命 巻之十八 遺髪 加賀の変
    百万石の禄高をもつ加賀金沢藩。その栄華も今は昔、きびしい財政難に喘いでいた。金沢城下を訪れた清之助の前にも、金で雇われた刺客・関左兵衛が現われる。いったい誰の差し金なのか? 斬り合いを制した清之助は、関の遺言に従い、十両を菩提寺に届けるべく、一路高岡を目指すのだが……。 *この電子書籍は祥伝社文庫から刊行された「完本 密命」を底本としています。
  • 完本 密命 巻之十九 意地 具足武者の怪
    酒が朝に残り、大小を重く感じるようになったことで金杉惣三郎は自身の老いを実感していた。そんな折、具足武者が惣三郎を襲う。辛くも倒したものの、振り返ると具足武者の姿はない。 具足武者に惣三郎暗殺を命じたのは、吉宗の勘気を蒙り、家紋断絶の上切腹した石河讃岐守常泰だった。その裏には、戦国の世が遠くに去り、かたちばかりになった武芸の闇が隠されていた。武芸の衰退を憂える吉宗は、清之助...
  • 完本 密命 巻之二十 宣告 雪中行
    父惣三郎からの書状で上覧剣術大試合開催を知るや、佐渡を出立して越後に修行の場を移した清之助。長岡へ向かう途中、討手に追われる姉弟と出会う。彼女らは村上藩の内紛を報せる密書を父に託され、江戸に向かう道中だという。次々に押し寄せる刺客。清之助は姉弟を江戸に送り届けるべく、策を巡らす。 その頃江戸では惣三郎の驚くべき宣言が、一同を当惑させていた! *この電子書籍は祥伝社文庫から刊...
  • 完本 密命 巻之二十一 相剋 陸奥巴波
    金杉惣三郎は神保桂次郎をつれて江戸を出奔した。残されたしの、みわ、結衣はその行動に驚き、煩悶する。 剣術大試合まで半年となり金杉清之助は仙台・伊達家城下で修行に励んでいた。また、父惣三郎も仙台を目指していた。神保桂次郎に武芸で知られた仙台の道場で経験を積ませようと考えたのだ。その行動は清之助をも苦しめてゆく――。 *この電子書籍は祥伝社文庫から刊行された「完本 密命」を底本と...
  • 完本 密命 巻之二十二 再生 恐山地吹雪
    仙台城下より八戸に向かう清之助。巷を悩ます海賊サンボトジ党や、子供たちをかどわかした妖しげな巫女を成敗するべく、刀を振るう。 一方、父惣三郎は神保桂次郎とともに出羽三山で厳しい修行を重ねる。もはや妻子は惣三郎の心から消え、剣者として生きる決心をするが、いままでにない「問い」が心に生じるのだった。 *この電子書籍は祥伝社文庫から刊行された「完本 密命」を底本としています。
  • 完本 密命 巻之二十三 仇敵 決戦前夜
    惣三郎、清之助父子不在の江戸では、娘みわが昇平のもとへ嫁ぐ日を迎えていた。 金杉清之助は江戸に戻る前に師が眠る鹿島を訪れる。しかし清之助が目の当たりにしたのは、米津道場の意外な現状だった。父惣三郎は、仇敵の本拠地尾張にあった。清之助を倒すため、惣三郎はまたもや意外な行動に出る。 *この電子書籍は祥伝社文庫から刊行された「完本 密命」を底本としています。
  • 完本 密命 巻之二十四 切羽 潰し合い中山道
    5年の武者修行を経て、飛鳥山の菊屋敷に清之助が帰ってきた。淡々と稽古に励む姿には隙がない。 剣術大試合開催まで10日余り。しかし神保桂次郎には大会への出場権がない。出場権を奪うべく、惣三郎と桂次郎は、尾張柳生の剣術家ふたりを倒し、江戸の尾張徳川家をたずねる。急遽もうけられた闘いの場で、桂次郎は厳しい修行を耐え抜いた証を見せつける。 *この電子書籍は祥伝社文庫から刊行された「完本...
  • 完本 密命 巻之二十五 覇者 上覧剣術大試合
    国中から豪腕辣腕の武芸者が集結した上覧剣術大試合。吉宗が推挙する唯一の出場者・清之助のほかに、父・金杉惣三郎秘蔵の弟子である神保桂次郎も名を連ねていた。 すべてをなげうって厳しい修行に耐え、頂点に立つのは清之助か桂次郎か! *この電子書籍は祥伝社文庫から刊行された「完本 密命」を底本としています。
  • 完本 密命 巻之二十六 晩節 終の一刀
    上覧剣術大試合のあと、惣三郎は家族に会わぬまま、ふたたび姿を消した。 あれから5年、大目付に任ぜられた清之助は、親子二代にわたる因縁を断つため、吉宗の重大な命を帯びて尾張へ向かう。 驚きの謎が明かされる最終巻。 *この電子書籍は祥伝社文庫から刊行された「完本 密命」を底本としています。

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています