灰かぶり猫と半月の騎士 ふたり、手をつないで
  • 最新刊

灰かぶり猫と半月の騎士 ふたり、手をつないで

作者名 :
通常価格 517円 (470円+税)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

神依姫候補として聖堂で暮らすキーリア。目下の悩みはお祭りのための服を新調できないことだが、かわらず元気に暮らしている。しかし、ロトリックへの気持ちが恋だと気づき、なんの力もない自分に彼を縛りつけてよいのか、キーリアは悩みはじめていた。そんな時、街ではまた不審火が続き、犯人はあの人物ではないかと噂がたち……? 孤独だった少女と騎士の、愛と絆の物語。涙の完結編。

カテゴリ
ライトノベル
ジャンル
女性向けライトノベル / 集英社コバルト文庫
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
集英社コバルト文庫
ページ数
256ページ
電子版発売日
2020年12月18日
サイズ(目安)
10MB

灰かぶり猫と半月の騎士 ふたり、手をつないで のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2010年05月16日

    2010/05/08:発端の叔父様再登場で完結。一応まとまってよかったです。キーリアの成長以上にミスルーの変化にびっくり。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年04月15日

    恋愛ごとだけ片付いて終わり……?
    それなりに面白いんだけど、最後の締め方にちょっと納得いかないかもなー。いや、まあ、このままキーリアが神依姫候補でいることもできないのだろうから、仕方ないのかもしれないけど。だからって、黙って出奔ってのもどうなのかという。
    全体的に綺麗に纏まってはいるものの、ラストに...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2011年01月08日

    1巻で敵となった叔父さん、ゲルナークがまた現れます。
    なんで、そんなにキーリアに固執するのか、分かりません。
    しかも最後はゲルナークは捕らえられることもなく、改心することもあく、大陸に渡ってしまう。

    この物語、2巻では最初から犯人というか敵が分かりましたが、1巻と3巻では、心を許した相手に裏切られ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

灰かぶり猫と半月の騎士 のシリーズ作品 1~3巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~3件目 / 3件
  • 灰かぶり猫と半月の騎士
    身寄りがなく、貧しい宿屋で下働きをしているキーリア。不思議なものが見える瞳と、灰だらけの服のせいで“灰かぶり猫”と呼ばれる。ある日、一人の紳士が現れ“神依姫”になってほしいと言ってくる。戸惑いながらも、希望のない今の生活を抜け出し、彼の手を取る決意をしたキーリアだけど……!?
  • 灰かぶり猫と半月の騎士 過去からの手紙
    貧しい宿屋で働いていたのに、突然、神依姫となったキーリア。認めてくれる人の少ない聖堂でも元気にやっていられるのは、半月の騎士であるロトリックがそばにいてくれるからだ。そんなある日、精霊がらみの問題が起きている街へ行くよう任命されてしまう。待っていたのは、ロトリックの元婚約者の妹だという美少女で!?
  • 灰かぶり猫と半月の騎士 ふたり、手をつないで
    神依姫候補として聖堂で暮らすキーリア。目下の悩みはお祭りのための服を新調できないことだが、かわらず元気に暮らしている。しかし、ロトリックへの気持ちが恋だと気づき、なんの力もない自分に彼を縛りつけてよいのか、キーリアは悩みはじめていた。そんな時、街ではまた不審火が続き、犯人はあの人物ではないかと噂がたち……? 孤独だった少女と騎士の、愛と絆の物語。涙の完結編。

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています