ニュースの「疑問」が、ひと目でわかる座標軸 世界の今を読み解く「政治思想マトリックス」

ニュースの「疑問」が、ひと目でわかる座標軸 世界の今を読み解く「政治思想マトリックス」

作者名 :
通常価格 1,400円 (1,273円+税)
紙の本 [参考] 1,705円 (税込)
獲得ポイント

7pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

米大統領選で激突する「二つのアメリカ」。貿易問題よりも根深い「米中冷戦」。「ブレグジット」で分裂するEU諸国。今、世界中では大分断が進んでいる。しかも、様々な思想が入り乱れ、対立構造が非常に複雑で、わかりづらい。「右派」や「左派」の対立だけでなく、「ナショナリズム」「グローバリズム」「リベラル」「リバタリアン」など、それぞれの立場が、正直よくわからない人は少なくないはずだ。政治思想は学校でも教えてくれなかった……。そこで、駿台予備校のカリスマ世界史講師が、現代の読み解き方を伝授する。使うのは、各国の政治的・経済的スタンスがひと目でわかる「政治思想マトリックス」。これを使えば、現在の複雑な世界情勢をシンプルに整理できる。アメリカ、中国、ロシア、イギリス、EU諸国、中東、そして日本と、それぞれの地域の近代史と今が手に取るようにわかる。「国際情勢を読み解くコンパス」があれば、分断する世界のリアルな姿が見えてくる!

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
社会・政治 / 政治
出版社
PHP研究所
ページ数
288ページ
電子版発売日
2020年12月04日
紙の本の発売
2020年11月
サイズ(目安)
12MB

ニュースの「疑問」が、ひと目でわかる座標軸 世界の今を読み解く「政治思想マトリックス」 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2021年01月14日

    著者の思想も介在してはいるが、各国の政治、経済をざっくり理解する為には最適。
    今まで政治思想を取り扱いながら、これ程読みやすく、簡潔にまとめられた作品は無かったのではないだろうか。

    以下ざっくりメモ。

    ドイツEUのドン

    移民受け入れは安価な労働力確保。
    ユーロ安維持の為、貧困国を締め出さない。...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年12月27日

    「右」「左」とか「保守」「リベラル」というのがずっと分からなかったのだが、国や時代によって移り変わってきたのがよく分かる。
    右左の最初となるフランス革命(議会で座っていた席)の時代はシンプルだが、そこに資本主義vs社外主義が加わり、世界革命を目指したネオコンのアメリカでの変遷、なんでドイツはEUの盟...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年02月14日

    単純明快にまとめられており、とても分かりやすい。著書の思想が極端に反映されていることもなく、比較的フラットなのもよい。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年12月19日

    日本をはじめ、米、中、露、英、独、中東の政治思想をかいつまんで説明してある一冊。

    若干著者の思想が垣間見える一面もあり鵜呑みにはできない箇所もありますが、本書を読むことでニュースで各国の動きを知った時に「なるほどなぁ」と納得できることが増えた。

    政治思想の入門には最適な一冊だと思う。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年12月07日

    経済的に平等か自由か
    国家主義か個人主義か
    この二軸のマトリックスで見ると、国家間の方針や敵味方関係がよくわかる
    難しい政治の力学がわかりやすく理解できた
    オバマ、トランプ、習近平、プーチン、メルケルなど、現在の政治状況にまでつなげて書いてあるところも良い、

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています